ここから本文です

短時間に大量のタバコを吸うとどうなりますか?

bak********さん

2009/12/1700:24:11

短時間に大量のタバコを吸うとどうなりますか?

例えば、酒を大量に飲むと急性アルコール中毒になりますが、タバコだとどうなるのでしょうか?

閲覧数:
4,406
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kji********さん

2009/12/1700:27:33

人によって違うと思いますが僕は、肺が痛くなります!あとは頭が痛くなります☆

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tak********さん

2009/12/2309:40:56

ニコチンには、アルコールなどのような、いわゆる「薬物耐性」は存在しません。ニコチンの場合には、過剰投与をしても、ごく一時的に受容体が満杯となって、それ以後のニコチンが受け付けなくなります。この急性耐性は急速に消失します(24時間程度)。この現象は「脱感受性」または「急性耐性」の一種で、特に短期間の頻回投与によって起こり、「タキフィラキシー(tachyphylaxis)」と呼びます。
なお、喫煙は一種の「Addiction」です。「Addiction」には下記があります。
1)物質嗜癖(Substane Addiction)
2)過程嗜癖(Process Addiction)
3)関係嗜癖(共依存など)
タバコの本数が次第に増加していくのは、「Addiction」、それも過程嗜癖なのです。言い換えると、「次第に強まっていく、緩慢な自殺」への衝動が原因なのです。リストカットのようなものです。
最後に、ニコチンには少量では自律神経を刺激し、大量では遮断します。こんな「アホ」な事、決してやらないように。命の保証もありません。

kub********さん

2009/12/2215:58:30

試しにオマエがやってみろよ。

no_********さん

2009/12/1708:42:25

ニコチン依存症の病気が進行します。急激にニコチンの血中濃度を上げる、ニコチン刺激を繰り返していると、脳内のニコチンレセプターの数が増えてゆきます。

レセプターが増えてくれば、生理的な化学伝達物質では、十分に脳が機能しなくなります。

そして、レセプターの数が増えるにしたがって、脳は、タバコのニコチンをより多く要求してくるのです。

はじめは、1日数本で満足だったものが10本、20本と徐々に増えて行きます。

薬剤の使用量が、徐々に増えてゆくことを耐性といいます。

麻薬や覚せい剤と同じです。

吸い溜め等していると、脳がたくさんのニコチンを求めるようになり、短時間の禁煙でも、禁断症状の集中力欠如やイライラを発症する、不便な病体になるわけです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる