ここから本文です

理論に名前を付けるのは、早い者勝ちなのですか?

mani_mani_ssさん

2010/1/421:42:33

理論に名前を付けるのは、早い者勝ちなのですか?

物理学で、理論や現象・効果などに名前を付けるのは、早い者勝ちなのでしょうか?
それとも、その理論の提唱者や発見者に、その資格が与えられるのでしょうか?

たとえば「相対性理論」なんかは、この名を付けたのはプランクだそうです。
アインシュタインは、むしろこの名前に反対だったと耳にしました。
また、相対性理論の「ローレンツ収縮」も、名付けたのもポアンカレなんだそうですね。

なぜ、アインシュタイン本人が、名付け親でないのか?疑問に思っています。
理論や効果に名前を付けるのは、早い者勝ちなのでしょうか?

そういえば「ビッグバン理論」も、提唱者のジョージ・ガモフではなく、別の物理学者が名付け親だそうですね。
もっともガモフは、この名前を気に入ったそうですが…。
もし気に入らなかったら、別の名前になってたんでしょうか?

補足速い者勝ちというより、定着させた者勝ちってとこでしょうか…?
では、定着しつつある時に、理論の提唱者が「その名前は気に入らん。別の名にしろ」と言ったら、どうなるのでしょうか?
やっぱ提唱者の意見よりも、「ふさわしい名前かどうか」が、重要視されるんでしょうか…?

閲覧数:
393
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

riewseygoさん

編集あり2010/1/711:08:34

誰が理論をはじめに提出したか、という先取権は早い者勝ちです。

しかし理論の名前は早い者勝ちではないのが慣例です。誰もが使い勝手が良いとか、広く使われ基礎的だとか、いろいろな理由があって名前が決まる場合や、先端の作りたてほやほやの理論や、古いけれどあまり注目されず間違っていないけれども価値がよくわからない、というような理由がある場合は、作った人の名前で呼ばれたりします。あるいは作った人が提唱した名前で呼ばれます。重要な理論であればそのうちにしかるべき名前がつきます。誰が名付けたか分からなくなる場合も多いようです。
影響力のある人が提唱しても、他の大勢がもっともだと納得しないと定着しないこともよくあります。

ま、~の式とか、~の定理とか、~の法則とかちょっとしたところで発明者や発案者の名前がつきます。ローレンツ変換もそれを初めて提唱したのはローレンツです。一般相対性理論の方程式もアインシュタイン方程式と呼ばれるのは普通にあります。アインシュタイン理論と言えば相対性理論のことだとわかりますし、そう慣用することも多いですね。
特に法律で定めるとか権威のある機関が強制するとか、そういうことはないので、専門家の世界の中で慣習に従って適当に付けられていると思ってください。大体は皆が使う名前を使うのが慣例で、人間の社会そのものです。

補足
いいえ、理論の提唱者に盲目的に従ったりしません。理論は物理全体の財産と考えられていて、それにふさわしい名前が必要なら、特別な機関はありませんが、だいたいみんなで同意したものが定着します。個人の名誉は(理論に含まれる)個別の法則や方程式に個人の名をつけるという形で考慮されます。ここに早い者勝ちとかはないのですが、あまりふさわしくないと思われていても、だれかが言い出した名前がそのまま長年使われる、ということも過去にはありました。ま、黎明期にはですね。現代はむしろ理論の数が多すぎるので、あまり重要でない(特定の分野に偏っているなど)ものは、提唱者が適当につけた名前がそのまま使われることも多いようです。ま、それは忙しいときにはどうでもいいからですね(あまり変では他の人から変に思われるので、そこは名づける人の見識が見られてしまいます)。

質問した人からのコメント

2010/1/8 00:09:25

笑う 丁寧で分かりやすいご説明、ありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。