ここから本文です

旅行会社のキャンセル料は高すぎ、納得できない場合に、どうすればいいでしょうか?

suq********さん

2010/1/916:51:56

旅行会社のキャンセル料は高すぎ、納得できない場合に、どうすればいいでしょうか?

私は中国人留学生で、去年の年末に韓国に旅行に行こうと思い、夜中でHISのソウル行きのツアー(出発日は四日後)を彼(日本人)と一緒に申し込みました。クレジットカード決済でした。翌日朝、HISの担当者から連絡があり、名前とビザの確認を行いました。中国留学生の場合に、事前に韓国大使館に行ってビザをもらえなけらばなりませんと言われました。私も韓国大使館に確認したところ、確かそうでしたが、年末の業務はもうすでに終了しており、申し込んだときにすでにビザがとれなかったのです。私はその前に中国のサイトで中国人がビザなしで韓国に行ける書き込むを見たことがあるので、誤信のままで申し込みました。その後、HISの担当の人にキャンセル料(旅行代金の80%:5万円)を請求された。
しかし、申し込みからキャンセルまでわずか12時間で、HISは朝からチェックしたとき、不備を発覚したので、旅行の手配を確認できるまでするわけではないし、5万円のキャンセル料なんて、ぼったくり儲けではないでしょうか?また、私が申し込み際にすでに旅行に行けなかったので、つまり行けない旅行に申し込んだので、これは法律で原始的不能にあたって、無効になるのでしょうか?
HISはとにかく契約が成立したので、キャンセル料くれと態度が変わらないですが、私はとりあえずクレジットカード会社にもHISから請求が来ても払わないでくださいと言っておきました。
たしかに、こちらの過失があるが、HISにそのままキャンセル料を払うことは納得いかないことです。
どうすればよいのでしょうか?

閲覧数:
6,642
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nan********さん

編集あり2010/1/1511:05:21

#容量オーバーの為、勘違いのあった部分を削除しています。

貴方自身、HISの対応が気に入らないようですので、消費者センター等に間に入ってもらうのも一手かと思います。学校の相談窓口でも相談に乗ってもらえるかもしれません。
#(偏見のない)公正な第三者の話でしたら、貴方も素直に聞けるでしょう。


調べなおしたところ、かなり私自身勘違いがあったようですので、訂正します。

質問主さんの契約した旅行の内容はどのようなものでしょうか?

というのも、標準旅行業約款を確認したところ、海外旅行で解約料に80%も取られるのは、「貸切航空機を利用する主催旅行契約」に限られるようですので。その際80%も取られるのは「 旅行開始日の前日から起算してさかのぼって二十日目に当たる日以降に解除する場合」(旅行開始日の前日から起算してさかのぼって三日目に当たる日以降の解除又は無連絡不参加の場合を除く(この場合は100%没収です))となります。

標準旅行業約款は、運輸省の認可約款と看做されるようですので、諸法令を考慮して定めているとは思いますが、もしかすると、そうでない可能性もありえるでしょうね。


||| 消費者契約法 | 消費者の窓 |||
http://www.consumer.go.jp/kankeihourei/keiyaku/index.html

kojima333さんが、80%のキャンセル料を定めた約款について勘違いをされている気がしますので。

消費者契約法について、条文の解説には『「当該条項において設定された」とは、解除に伴う損害賠償額の予定等の区分の仕方は、業種や契約の特性により異なるものであるところ、「平均的な損害」であるかどうかの判断は当該条項で定められた区分ごとに判断するとの意味である。ただし、「平均的な損害」の額の算定については、消費者側の「解除の事由」という要素により事業者に生ずべき損害の額が異なることは、一般的には考え難い。』とあります。

損害賠償を定めた約款の有効性を示すため、裁判でHIS側が証明するのは、あくまで質問主さんのケースではなく、HIS側の設定した期間の解約における平均の損害が80%であることの証明で足ります。

私は、そのハードルは低いように思いますが、HISは標準約款をそのまま援用しているようですので、もしかしたら、HIS側はそこまで熟慮せずに約款を定めたのかもしれませんし、反対尋問や裁判官次第でハードルは高くなるかもしれません。

とにかく、甘く考えないほうがよいとは思います。

大手企業でしたら、この手の裁判には慣れているかもしれませんし。


約款というものは、個々のケースではなく、一般的なケースを想定しないことには定められませんから、今回の質問主さんのように納得いかないようなことが起こるのは仕方がない面はあるでしょう。

消費者センター等に間に入ってもらえれば、あるいは個別対応してもらえる可能性はあると思います。

更に追記ですが

>kojima333さん

>チャーター便ではない通常の海外旅行

何故、質問主さんが契約した旅行がチャーター便を用いたものでないと断言できるのでしょうか?

年末ですから、チャーター便も多いでしょう。

>そんな額で訴訟を起こす程ヒマな業者はいないと思いますけど。

訴訟を起こす可能性が低いかと問われれば、そうかもしれませんが、可能性はないとはいえないでしょう。

かつて、取立ての名を付けたサイトを作っていたカード会社の取立て担当社員さんでしたら、訴訟を起こしても不思議はないです。小額の債権回収の話も書いていたと思います。弁護士を使わずに当人が裁判を起こしていたようですから、回収コストは低いでしょうし、脇の甘い人相手でしたら、色々搦め手を用いていたようです。



もっと大事な点を失念していました。

HISとカード会社の契約しだいでは、キャンセル料の請求はカード会社から行われる恐れが高いです。カード会社によると思いますが、現状の話を読む限り、カード会社がHIS側の立場に立つ恐れは相当高いでしょう。

支払いを行わないことに関して、カード会社を納得させるだけの理由があれば別ですが、標準旅行業約款に基づいたキャンセル料の請求でしたら、質問主さんのお書きになられた範囲では、カード会社を納得させるのは無理でしょう。

カード会社相手でしたら、(正当な理由無く)支払いを拒否すると、通称ブラックリストに載る恐れも高いでしょう。


チャーター便とはいえ、それ以外の要素は一般募集の旅行と変わりがないように思いますので、果たして、標準約款の区分が妥当かなど、HISのホームページを見ても、消費者から見て色々問題がありそうな点がありますから、そういった点の改善を働きかけるのも一手かもしれないですね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

llp********さん

2010/1/1110:58:49

HISには何ら過失が無いのでキャンセル料は払うべきだと思います。

そもそも、年末は高額なキャンセル料金である事を知っていて申込んだのでしょう?
知らなかったとしたら、キチンとキャンセル料の項目を読んでいなかった質問者さんが愚かだったという事です。

おまけに外国で暮らしている留学生が事前にビザの確認をしていなかった事は、どう考えても質問者さんの過失ですよ。

自分が殆んどの国でビザが必要な中国人である事を忘れているのでは無いでしょうか?

日本の旅行会社に限らず、自国の国籍以外のお客さんのビザについては、お客さん各自が行うのが原則です。
もちろん、渡航手続料を別途支払って調べてもらう事は出来ますが・・・

今回のケースは中国人の場合ビザ無しで行ける国が限られていますから、HISの担当者が気が付いて連絡してくれたのでしょう。

空港まで行って搭乗拒否を受けて全額取られる事無く、20%も戻ってくるのはラッキーだったと言えるのでは無いでしょうか?

koj********さん

編集あり2010/1/1421:18:50

キャンセル料の額が納得できないのならその額の根拠を納得できるまで説明してもらいなさい。
納得できないのなら払わなければ良いだけの話です。

旅行会社が強制的に払わせるためには民亊で訴訟を起こして請求の根拠について裁判官を納得させて判決を取る必要があるのです。
旅行の契約書にキャンセル料額の記載があったとしても、消費者契約法という法律で実際の損害額相当以上の請求は無効とされています。

裁判になるとキャンセル料の根拠を立証する責任は請求側にあります「旅行費用の80%の損害が生じても不思議はありません」というのは根拠になりません。

標準の旅行業約款によればチャーター便ではない通常の海外旅行では出発3日前まではキャンセル料金が20パーセントです。そこから外れる要求をするならそれが標準だとする立証責任は業者側にあります。
それ以前にそんな額で訴訟を起こす程ヒマな業者はいないと思いますけど。

k2o********さん

2010/1/917:02:43

その「ウソつきサイトの書き込み者」に損害を求めなさい。
そのカキコを信じた結果でしょ?
HISは規則通りに請求しただけ、悪くないよ全然。
そもそも、知らない貴方の責任だし、変なカキコ信じるし・・・。
その上年末・・・・?
話になりません、「これだからチャイナは・・・・・・・」って言われますよ。
ただのクレーマーの手口ですねこれは。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる