ここから本文です

愛人と恋人の違いを教えてください(´・ω・`)

min********さん

2010/1/1003:39:45

愛人と恋人の違いを教えてください(´・ω・`)

閲覧数:
5,903
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

qaj********さん

2010/1/1012:14:18

mint_084様

現在、使われている意味で、もっとも無難なところで考えてみました。

恋人とは、愛し合っている関係をおおっぴらにしても何の問題もない相手です。
若い未婚の男女が、彼女または彼氏がいるというのは、恋人です。
もちろん、若くなくて独身でも、伴侶に死に別れた方でもいいです。
婚約したり同棲を始めたりすると、憧れよりも生活面が大事になってきます。
そうすると、恋人の関係ではなくなる場合が多いですね。

それに対して、愛人は、愛し合ってはいるのですが、関係を公にするのがはばかられる相手です。
社会的、道義的になんらかの問題がある場合ですね。
浮気、不倫、あるいは正妻でない女性、パトロンなどです。
愛人の場合、大事なことは、二人が愛し合っているということです。
実際、愛されなくなった愛人など、洒落にもなりません。

質問した人からのコメント

2010/1/15 00:10:46

笑う 皆さんありがとうございます。また回答して貰えると嬉しいです。

「愛人とは」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

a51********さん

2010/1/1211:17:11

愛人とはSEXをする代わりに金品を貰う女の事です。
生活そのものの面倒をみてもらってる方もいます。
妾という呼び名もあります。
現行の法律では重婚は認められません。
元祖援助交際です。

den********さん

2010/1/1022:39:15

愛人には金銭が絡むとかなんとか…。
えっ、「恋人」にも金がかかるの?

by Denden

akk********さん

2010/1/1010:00:47

ヤフー辞書コピペ。

あい‐じん【愛人】

1 愛するいとしい人。特別の関係にある異性。情婦。情夫。情人。
2 人を愛すること。

[用法] 恋人・愛人――「恋人」は恋しいと思っている異性で、多く相思相愛の間柄についていうが、片思いの場合にも使うことがある。「スクリーンの恋人」◇「愛人」は、かつては「恋人」の漢語的表現として同義に用いたが、現在では多く配偶者以外の恋愛関係にある異性をいい、一般に肉体関係があることを意味する。「情婦」「情夫」の婉曲的な言葉として使われる傾向もある。

[ 大辞泉 提供:JapanKnowledge ]

つまり、かつては同じ意味だったのが、だんだん、特に配偶者以外の肉体関係に限定されて言うように変わっていったようです。ただ、個人的には単なる不倫関係を「愛人」というのには違和感があり、経済関係を含んだもの(「毎月のお手当て」を貰っている、みたいな)を愛人といっているニュアンスがありますね。

sta********さん

2010/1/1004:24:03

恋人→お付き合いしている相手のこと
(ex.彼氏,彼女)

愛人→付き合ってはないが(諸事情で),愛し合ってる関係(または特別な異性関係)にある相手のこと
(ex.浮気相手,セフレ)

っていう,ニュアンスで使う人が多いんじゃないでしょうか…

lov********さん

2010/1/1003:46:40

いろんな考えがあるでしょうが、結婚している人と付き合っていてその人に生活の面倒を見て貰っている(生活費を毎月貰っているとか、家を借りてもらっているとか、、、。)人を一般的には愛人と言います。

相手が結婚していなくて利害関係が無く金銭の絡まない恋愛関係なら恋人と言えるのではないでしょうか。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる