ここから本文です

整形外科で腰椎の手術を受けた患者さんの足背動脈を触知するのはなぜですか?

cat********さん

2010/1/1702:22:17

整形外科で腰椎の手術を受けた患者さんの足背動脈を触知するのはなぜですか?

閲覧数:
8,297
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

スターさん

編集あり2010/1/1702:58:50

はいですの。
腰椎の手術に限ったことじゃないと思うけど、とくに腰椎などを手術すると体位の制限が出てくるし、下肢も自由に動かしにくくなるはずですの。

そのとき下肢のどこかに血栓ができたり(これは静脈血栓ですの)、圧迫で血流が途絶えたりする危険性があるですの。
中枢側から、股関節の大腿動脈、膝か動脈、後頸骨動脈、足背動脈と触知して脈が触れるかどうかで閉塞がないかを確かめるのですの。

また、併せて下肢は神経麻痺も起こしやすいので注意が必要ですの。
とくに腓骨神経麻痺など起きないように股関節を外旋しすぎないようにするんですの。この場合は足の親指や足関節の運動麻痺の有無を見るとわかるですの。

左右差もみるといいですの。

たぶん。

自信はないので自分できちんと調べてくださいですの。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる