ここから本文です

チョコレートとお米は、どっちの方が糖尿病になりやすいのですか? 理由も教えて...

papikuro5さん

2010/1/1819:43:47

チョコレートとお米は、どっちの方が糖尿病になりやすいのですか?
理由も教えてください。

お米も結局ブドウ糖になってしまうので、チョコとどっちが糖尿病になりやすいんだろうと疑問に思いました。

補足ご回答ありがとうございます。分からない部分がありましたので、付け加えさせていただきます。
炭水化物量・ GI とはなんですか?

閲覧数:
1,266
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

olddanukiさん

編集あり2010/1/2023:38:09

単純に糖の吸収から言えば、お米(白米)のGIが70~80(GLは30~40)に対し、チョコレートのGIは20~50(GLは5~15)ですから、お米の方が血糖値の上昇は急激です。
一方、炭水化物量は、お米100g当たり37gに対し、チョコレート100gには50~60gで、チョコレートの方が多いことにあります。

トータル的に見ると、どちらも同程度と言えるでしょう。
ただし、チョコレートは、1度に100g食べることはないと思いますので、日常的に見れば、お米の方がリスクは高いのかも知れませんね。

しかし、糖尿病は食べ物だけでなるものではありませんので、あくまでも、「理論上は」と言う程度に考えて下さいね。

補足に対して

炭水化物量とは、正に、その食品や食材に含まれる「炭水化物」の量です。
炭水化物は小腸でブドウ糖に分解されて、血中に吸収されますから、炭水化物の摂取量が多くなると、吸収されるブドウ糖も多くなり、血糖値を上昇させます。
血糖値が上がると、それを下げるため(と言うか、血中のブドウ糖を処理するため)にインスリンが分泌されますが、ブドウ糖の量が多いと沢山のインスリンが必要になりますので、膵臓への負担となり、糖尿病のリスクを高めます。

GIとはグリセミックインデックス(グリセミック指数)と言って、簡単に言えば、小腸でのブドウ糖の吸収速度のようなものです。
つまり、GIが高いと言うことは、ブドウ糖の吸収が早く、血糖値が急激に上昇しやすいと言うことです。
血糖値が急激に上昇すると、インスリンも急激に分泌する必要があるため、膵臓への過負荷となり、これまた、糖尿病のリスクとなります。
(血糖値がゆっくり上がれば、少しの量のインスリンで血糖値の上昇を抑えることができるので、膵臓への負荷が小さくなります)

つまり、「一度に大量の炭水化物を摂取しないこと」と「糖の吸収を緩やかにすること」のふたつが、糖尿病のリスクの低減に効果があります。

質問した人からのコメント

2010/1/25 18:28:10

分かりやすい説明をありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。