ここから本文です

多重債務者が代表取締役になるのは可能ですか。

rut********さん

2010/1/2211:18:32

多重債務者が代表取締役になるのは可能ですか。

表題の件なのですが、
現在、ある会社で管理職をさせて頂いております。

勤務して4年位になるのですが、現代表取締役がハーフリタイアを望んでおり、
会社を継がないかと依頼されております。

現在、資本金で8000万円入っており、それを現代表取締役に返却することが前提となります。
会社に剰余金が3,000万位あるので、残り5,000万は法人にて銀行や公庫から借り入れをし、
返却する形になります。
個人的な貸し付けではなく、責任を負わせたいようなので、銀行などからの借入を望んでおります。
現在、年間売り上げは3億前後で店舗の保証金・在庫で6,000万位、
継続的収入が年間2,000万(今まで販売したものに対して)、現在の年間利益が3,000万くらいとなっています。

ですが、自分は多重債務者であり、クレジットカードも満足に作ることが出来ません。
こんな自分が代表取締役を引き継ぐことは可能なのでしょうか。

申し訳ありませんが、どなたかご教授頂けたら幸いです。

閲覧数:
867
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nir********さん

2010/1/2212:04:41

会計事務所で働いている者です。
個人負債が多い人が会社の代表者に就任することは非常にリスクが高いです。

代表者の個人的な負債が多い場合、法人としての借入審査の際に不利になるケースが最近ありました。
万が一、会社が緊急的な資金不足に陥った時など、代表者が会社に資金を貸し付けるケースが多々ありますが、
代表者本人に資金的余裕がない場合、会社はそのまま債務不履行などで事実上倒産の可能性があります。
中小企業の場合は資金繰りに余裕がない所がないので、銀行もそういう部分を注視しています。

前述の代表者の負債が多く、銀行からの借入が不可能だった場合は、銀行の身辺調査によって判明し、
代表者を任命した創立者は代表者の負債がそこまで多額だとは知らなかったようです。
詳細はぼかしますが、結局、借入が出来ないと会社が立ち行かないため、急遽代表者を変更して、
再度借入申込みをし、なんとか資金を調達することに成功しました。

また、新規で取引をする場合、会社によっては信用調査をする場合があります。
その場合、代表者個人の債務状況も見られる可能性が高いですから難しいと思います。

”クレジット(credit=信用)カードも満足に作れない”ということは”公人としての信用がない”ということに他なりませんから、
いざという時に責任を取る必要がある会社の代表者にはふさわしくないと思います。
代表者本人であるあなたも、会社の従業員も、取引先なども迷惑を被る可能性が高いと思います。

株式会社の代表者が社会的に果たさなければならない責任などをもう一度よくお考えになることをお勧め致します。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

rkh********さん

2010/1/2302:50:06

資本金は借金ではないから、返却てあり得ないからwそこで騙されてる時点で既にやばいw知ーらないとw

sin********さん

2010/1/2216:15:21

前の答えた方の考えに賛成です。

ただ、質問内容の答えとしては
代表取締役になる事はできます。
しかし、多重債務との事ですが、過去に債務整理とかやっているようでしたら
全て解決して2年を超えないと会社法上なれませんよ(会社法331条1項3号に記載あります)

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる