ここから本文です

タイムマシンの可能性

dal********さん

2010/1/2623:01:12

タイムマシンの可能性

だいぶ低俗な質問で申し訳ないんですがタイムマシンって遠い未来できると思いますか?

理系の自分としては絶対できないと思っているのですが、友達に今までの歴史でだって絶対無理だと思っていたことが新たな発見で可能になったことは多々あるわけだし、まだ今現在見つかっていない何かの発見によって可能になるかもしれないじゃないかといわれうーんと頭を悩ませています。

どう考えてみても過去に行くことは無理だろうとは思うのですが、相対論を習ったときに聞いた浦島太郎効果?みたいのを聞いてみるとひょっとしたら自分の時間を止める、ないしゆっくりと動かすことで未来にいったような効果を生み出すことくらいは可能になってもおかしくないだろうか・・・とも思ったりしています

そこでみなさんにお聞きしたいんですがタイムマシン(過去、未来一方に行くだけでもいいです)は作ることは可能か、その理由も教えてください。あとそうした話について論理的に議論している本やホームページを知っていたら教えてください。

また現在見つかっている現象で明らかにタイムマシンの可能性を否定するもの、肯定するものがあるのか、あるいはまだみつかってはいないがこのような現象、技術が(みつかる、できる可能性が少なからずあり)発見されればタイムマシンの可能性が見えてくるというようなものがあるかも知ってる方がいたらお願いします。。。

長くなってしまいましたがよろしくお願いします。

閲覧数:
78,976
回答数:
6
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kmw********さん

2010/1/2623:34:09

なぜか科学には好奇心がある、理数のだめな文系者ですが聞いたことのあることを絞り出してみようと思います。理系の方ならすべてご存知かもしれません。(未来へ行く手段は、現実離れしたものがいくつかあるようです)

ウラシマ効果は、限りなく光速に近づく必要があるらしいのですか、光速の99%を引き出すために水爆数億個必要みたいなので実用化には至らないのではないかと思います。

また、巨大な鉄玉の中に人が入って、玉を収縮すると重力が強くなって、玉の中の時間はゆっくり流れる。そして玉をもとの大きさに膨らませて中の人が外に出ると、未来にタイムスリップできるらしいです。ただ、玉は太陽と同じくらいの『重さ』が必要です

他には、重力が強力になるほど時間の流れが遅くなるので、ブラックホール付近までいって帰ってくれば未来に行けそうです。ただこれもブラックホールに近づいて戻ってこないといけないわけで、夢のような話です。

未来へ行くよりも過去に行くほうが難しいようです。数学的に導き出された可能性のひとつに「ワームホール」があるらしく、それを通れば過去に行けるかもしれないと言ってる人がいるそうです。(瞬間移動に近いのかな?)ただ、まだ発見されていないことと、発見されたとしてもそこを安全に通れるわけではなさそうです。(あと、この方法ではタイムマシンができるより前の過去へは行けないようです)

ちなみに、「親殺しのパラドクス」の説明のために「多世界解釈」が仮説としてあります。もうひとつ、過去へ行こうとするとそれを妨害する現象が微視の世界で起こるのではないかという「時間順序保護仮説」を唱えている人もいるそうです。

長くなりました。タイムマシンが実用化されるには、「未発見の何か」が見つからないと無理だろうと個人的に思っています。今生きている人達が現役の間に見つかればいいな、と希望的観測をもっていくしかなさそうです。

質問した人からのコメント

2010/2/2 19:17:58

たくさんの回答ありがとうございました、タイムマシンは多くの方が気になるテーマのようですね
やはり現在の技術的にタイムマシンの実用化は難しいようですね・・・・でも数千年前には現代のコンピューターやネット社会は想像もできなかったでしょうから、もしかしたら西暦4000年あたりになったらあたりまえに未来に行けたり・・・・・してるのでしょうか^^;
とにかくみなさんたくさんの回答ほんとにありがとうございました!!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

stm********さん

2010/1/2714:16:15

ホーキング博士は時間順序保護仮説を提唱していましたね。
理論的にはティプラーの円筒があれば、円筒ができた時間までは戻れるらしいですが。

bok********さん

2010/1/2700:29:27

何を以て過去・未来、そしてタイムマシンとするかですよね。

たしかに、相対性理論を用いて未来に移動することができますが、
それは自分の時間の進み方が他者より遅いというだけで、ドラえもん
みたいに他者の時間の進み方関係なしというものじゃあないですよね。

過去に行ける説は自分としてはあり得ないと思います。
親殺しのパラドックスとか有名ですよね。
一方、過去を「見る」ことはできますよね。星なんてのはその好例ですし、
少々違いますが本なんてのも過去の著者の記録ですしね。
つまりは、過去の事象に直接「関与」するのは無理だということです。

あくまで、賛成するのは不可逆的な未来指向のタイムマシンです。
ですから、競馬予想とかなんてのも無理。夢のない話ですが(笑)

sfu********さん

2010/1/2623:50:05

浦島太郎効果?よりも確実な方法があります。

確か数年前に「世界丸見え」でやってたんですが、

人体を冷凍保存する。という方法です。

そして未来で解凍する。そうすると・・・まあ、当然未来にいるわけです。

もう海外では実際に行われているらしいです。

確か値段設定もありました。

「体全部保存コース」と「頭部のみ保存コース」があったと思います。

もちろんタイムマシンと口にするかたならほぼ全ての人が、こんな手法で未来に行くことを望んではいないとは思いますが、

一応書いてみました。 本当に解凍できるんでしょうかね? まあ、私は絶対やりませんが・・

c29********さん

2010/1/2623:24:14

未来らしきものには行けるでしょう。
飛行機の中と地上の時間の流れを比べると、飛行機の中の方が遅いという実験結果が出ています。
つまり、高速移動していた乗り物に乗っていた人は、乗り物から降りると、未来に来たことになります。

pud********さん

2010/1/2623:13:42

理系の学生ならば誰もが考えることですねw
私は、高校物理で「タイムマシン」と「瞬間移動」に興味を持ちましたが。

現実問題、現在の科学では不可能と言わざるをえません。
それは、「過去」というものが現実ではないからです。
4次元を解明できたら・・・ということを聴いた事がありますが、
現在がある以上、次元を超えることはできません。
「夢」として持っていたいですね。

ただ、過去を見ることは可能です。
現実で起こっていること(可視出来るもの)は全て光速で伝わります。
例えば、リンゴが木から落ちたとして、30万キロ離れた場所から見ると、
1秒遅れて落ちたものを見ることになります。
太陽光や宇宙の星たちと一緒でしょうね。
私たちは、星たちが何年も前に出した光(遅いものでは)を見ているに過ぎません。
もしかしたら、今、その星は無いかもしれません。見えているのはその星の光だけで、
まだ無くなった時の映像が地球に届いていないだけかもしれません。

それを考えると、地球から400光年程離れた星で、はるかにはるかに素晴らしい天体望遠鏡があったなら、
その星から地球を見ると、徳川家康が見えるのでしょうねw

20半ばになってもたまに考えますが、科学とは素晴らしいですね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる