ここから本文です

千利休を殺した豊臣秀吉を名君とよべますか?? 秀吉は自分より茶道の才能のある...

car********さん

2010/2/323:06:08

千利休を殺した豊臣秀吉を名君とよべますか??
秀吉は自分より茶道の才能のある利休に嫉妬し殺しました。しかも利休は七十歳の老人ですよ。 それで利休の首はさらし首にしたそうです。
秀吉は他にも私情だけで何人も暗殺してます。
正直、信長以上の非道な武将だと思います。

補足でも利休は秀吉の相談役であり、武将でもないのでさらし首はやり過ぎ!!

閲覧数:
3,065
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

suk********さん

2010/2/409:51:43

なにを持って名君とするかです。

戦いの世においては敵を殺さずば殺される世なわけです。
そのような世にあっては人を簡単に殺せて多く殺せるもの…つまり負けないものが名君となり、
それとは違って戦わない世においては逆に人を殺さないのが名君となります。

もしもですが…
相手が老人であろうがその相手を殺さないと
貴方だけではなく貴方の大事な恋人や貴方の母親や貴方の子供までも殺されるようなとき…
貴方は相手を殺さず素直にみんなで殺されますか? 自分では何も悪い事はしてないって思ってるのに…。

そもそも争わない事を良しとする世の理屈で当時の判断を批判する事には理に合わない事ってあるかと思います。

ただ判ることはそんな世であれ秀吉は最後まで勝ち抜き(生き抜き)、さまざまな傍若無人はしつつ平和ももたらしました。
果たして貴方に同じ事ができますか?

どこの国も同じですが戦国の世において(自分達の)平和を求めるために敵を殺し、泰平の世を作りだす為に虐殺が行われたようですよね。
秀吉が利休を殺したのはよく言えば再び争い(戦国)が起こる火種を消すためとも言われてたりするのではないでしょうか。
でも悪く言えば貴方の書かれたようにその理屈をもって…要は好かんからと私情で殺人しただけです。

つまり…正義は一つではなく、
自分が思う正義だけが正義とは限らないって事かと思います。

質問した人からのコメント

2010/2/10 16:57:30

感謝 やはり利休を殺した本当の理由は私情ではないということなんですね。
戦国時代は本当に奥が深い。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

rei********さん

編集あり2010/2/1006:45:28

千利休は自分好みの庭や邸宅を作る際に、古墳を壊し、神社や寺を破壊して、石を持ち出していた。

これが、秀吉の怒りに触れたんだ。

そして、現在の有力者に千利休につながる家系の者がいるから、書けないんだわ。


芸術観で言えば、千利休は秀吉よりも小さい、小さい。


千利休の『ワビ茶』の世界は小さすぎる。

例えば、あの四畳半の貧乏たらしい茶室を、フランのベルサイユ宮殿やロシアのクレムリン宮殿に持っていって、対抗できるのか。
見劣りするだけだ。
しかし、秀吉の豪壮な黄金の茶室やらなにやらなら、対抗できる。


それなのになぜか千利休の「わび茶の世界」が評価されていて、秀吉の「黄金の茶室」が軽薄なものとして語られることが多い。

下に勝てるかな、。

北欧の旅 / 水の都ストックホルム(黄金の間)
更に二階には黄金の間があり、1900万枚の金箔を使ったモザイクで飾られた壁面は、豪華絢爛そのもの。 ... しかし、シースルーの衣装や漫画チックな表情は、黄金の間という場所に合わないと感じる人もいる。 ...
wadaphoto.jp/kikou/hokuo27.htm -





ウェブドムス・アウレア(ネロの黄金宮殿)1
... (ネロの黄金宮殿) 1. コロッセオを望む小高い丘のオッピオ公園。 その一角に皇帝ネロの黄金宮殿ドムス ... が、15世紀に宮殿の一部の部屋が発見されると、その美しい壁画やその中で発見された「ラオコーン」などの古代彫刻は、 ...
www.geocities.co.jp/SilkRoad-Ocean/7106/domus1.html -

tos********さん

2010/2/722:58:12

まず最初の問いに違和感があります。
おそらく誰も秀吉が名君であったかどうかなど考えもしないでしょう。何故そんなことが気になるのかさっぱり判りませんが、秀吉は戦国の覇者であって名君でも暗君でもありません。
秀吉は自分より実力のある者、人望のある者をあらゆる手を使って蹴落としたと言う意味で戦国大名のフォーマットを逸脱するものではありません。戦国大名の多くが親子兄弟での血で血を洗う権力争いを経験しています。
秀吉にとって相談役であろうと高齢であろうと、利休が人望があって自分の意のままにならないのであれば殺してしまうのに躊躇はありません。同時にその後の利休勢力の反攻を恐れれば恐れるほどその仕打ちは過酷なものになります。
現代的な尺度を当てはめるのは判断を狂わせます。すなわち名君でも暗君でもないのです。

sen********さん

2010/2/722:40:07

茶坊主一人殺したくらいで、そんな言い方はヒ★イでしゅ。(もちろん利休が茶坊主ではないことは知っていましたよ。)

hkn********さん

2010/2/323:54:15

確かに秀吉は人たらしの武将と言われていますが、利休以外にも甥の関白秀次の処断などその悪行は枚挙に暇がありません。

しかし、秀吉が主君の織田信長の死後に諸勢力を抑え、応仁の乱から一世紀以上続いた戦国時代を終わらせた英雄であるのは紛れもない事実です。
上記の乱行くらいで色褪せるようなものでは無いですし、そもそも別次元の話です。


英雄(名君)である事と暴君である事とは何ら矛盾は無いと思いますがいかがでしょう?

fel********さん

2010/2/323:34:26

ボクは小学生でしゅが…

茶坊主一人殺したくらいで、そんな言い方はヒドイでしゅ。(もちろん利休が茶坊主ではないことは知っていましゅよ。)

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる