ここから本文です

猫が末期がんです 最近は殆ど食べなくなりまして、でも放置できないから1日に数...

pxc01462さん

2010/2/1322:47:30

猫が末期がんです

最近は殆ど食べなくなりまして、でも放置できないから1日に数回、無理矢理食事を与えようとしていますが、猫はかなり嫌がります。

少しでも食べてくれるとホッとするのですが、でもそれも猫からしたら無理矢理食べさせられているわけで、人間のエゴかもしれないと思っています

きょう動物病院に行ったら、経鼻チューブでの食事投与も選択肢だと言われました。
経鼻チューブは何度か使ったことがありますが、どうしても少し鼻に違和感があるようで、あまりやらせたくないです。
ただ、このまま食べずに衰弱していく事は嫌だし、無理矢理口から食べさせるくらいなら経鼻チューブを使うこともありなのかな、と考え、迷っています。

どうしたらいいのか、何かアドバイスがあればお願いします

閲覧数:
17,364
回答数:
12
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2010/2/1400:53:08

私も2年前に癌のコを亡くしました。
気持はすごくわかります。
私もあなたと同じように奇跡は起きないかと
信じ最後の最後まで漢方薬を飲ませました。

私を1番信頼してくれていたので
イヤでも無理無理対応してくれてました。

ですが・・考えたら私は自分のために
延命されていたと後ですごい後悔が残りました。

食欲があれば自分から食べます。
食べたくないから食べないんです。
それを無理やり食べさせるのは
猫にとって辛い事です。
チューブでお腹が膨れたとしても
猫ちゃんは満足と思いますか?


癌です。治る見込みがないのであれば
尚更のことなんです。

半年後今度は腎不全で逝ったコがいますが
そのコには余計な手をかけず見守りました。
自然に任すことも大事なことと
亡くなったコに教わりました。

これ以上辛い延命治療はやめて
残りは穏やかに過ごさせた方が
そのコのためです。
猫さんもそれを望んでいることと思います。

私は今でも最初に看取ったコに対し
申し訳なかった気持でいっぱいです。
同じような思いしないで下さいね。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/11件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

chuujitomさん

2010/2/1813:41:03

無理矢理食べさせたり経鼻チューブを使うのはかわいそうだと思います。水は飲ませたあげて欲しいです。
痛みを和らげる薬があればあげてた方がいいのでは。なにより飼い主さんがそばにいてあげて猫を安心させてあげることが大事だと思います。

2010/2/1613:30:06

お気持ちはとてもよくわかります。
私も今まさに癌の猫を看病しています。
みるみる進行して、先週から食事を取らず、今週から水も飲まなくなりました。
それでも水桶に前足をいれてかいていました。
熱があって暑いからなのか、飲みたいけど鼻の癌で鼻孔が塞がってるから飲みたいけど飲みにくいのか。
液体の薬を服用させるときの注入器で水を入れてあげています。
嫌がるかと思ったら、薬の時とはまったく違い、飲んでくれました。
獣医さんはお腹にチューブで直接栄養を入れる手術もあると言われましたが、ただの延命だと言われ、そんな可哀そうなことより、口に含ませて嫌がらなければ食べさせてあげる、嫌がればもう何もしないという選択にしました。
現在は栄養価の高い缶詰を流動食にして含ませています。意外にも飲んでくれます。
それを見ると、まだ生きたがっているのかもと思えます。
昨日は久しぶりに私の布団まできました。痛み止めもきかず、おしっこもトイレでできなくなっているので、いつ洩らしてもいいように、たくさんの毛布を積んで、横で寝させました。夜中に何度も起きて、洩らしていたらすぐに変えてあげています。
自分のためだろうかと悩むこともありました。人間だったらどうしただろうとか今でも考えます。
でもたぶんペットは何より飼い主のそばにできるだけいたいのだと思います。
獣医からは「この子はものすごく頑張っていますよ。飼い主さんがお世話をしてくれているから、きっとこの子も頑張れるのでしょう。かなり痛いはずです。でもほんと頑張ってる・・・」と声を詰まらせて言われました。そしてできることはストレスをかけないということと、痛みが一番のストレスだから、痛み止めを打つということも大切だと言われました。
薬にしても食事にしても、嫌がるならやめる。
そしてなにより寄り添って看取ってあげることが一番だと自分に言い聞かせています。

2010/2/1419:36:40

「末期のガン」というのであれば…

何をどう努力しても結果は同じでしょう
残念ですが…

ただ
今出来る限り、飼い主が最善と思ったことを
行なうのが良いのではないでしょうか?
結果的な後悔はかならず後から出てきますから
「今はこれが最善」とするしかないでしょう

ちなみに
自らの病状を知って「死んだほうがまし」と考える
生物は人間だけです
人間以外のいかなる生物も
その「最後の命の炎が消えるまで」生き続ける
ことを選択します

それだけは心にしまって置いてください
「苦しみを長引かせるくらいなら、楽になることを
この○○は望んでいる…」
という考えこそが最大の「人間のエゴ」なのです

e980531さん

2010/2/1416:46:18

療法食をお口からスポイトみたいなもので給餌することは可能ですか?

鼻からよりはいいかと思います。

食事さえ取れればという状況であればお鼻も有りかと思います。

あとは主治医の先生と緩和ケア等相談なさってみてください。

痛みの回避だけでも取り除けたらと思います。
(どんな癌なのかはわかりませんが・・・)

あとは質問者様の猫ちゃんの葛藤かもしれません。

食べることは生きることですが、わかっていても『あの時食べさせておけば』との後悔や、

『苦しいだけの給餌をしてしまった』とも後悔するかもしれません。

なので、【その時の最善】を選択してあげることが大事かもしれませんね。

残った時間をたくさん愛情を注いであげてください。

それが一番な様な気がします。

おつらい中あいまいな回答でごめんなさい。

2010/2/1411:22:20

これまで多くのネコを看取ってきました。

おそらく、どの道を選ばれたとしても後になって飼い主さんは後悔されることと思います。
愛する我が子はどうして欲しいのか・・・は、いつになってもわかりませんから。


私はどの子に対してもそうですが、「食べなくなったらそれが最期」と思っています。
もちろん、食べてくれるようにあらゆる手は尽くします。
それでももうどうやっても食べてくれないのであれば、そこが最期のラインだと思っています。


食べてくれれば体力もついて病気と闘う力も沸いてくるだろうと思います。
ですが、末期癌であればどんなに頑張っても辛い余生だと思います。


どの道後悔するのであれば、我が子が一番苦しくない方法を選ばれると良いのではないでしょうか。
私はどの子に対しても、そう決めています。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。