ここから本文です

確定申告について

spiritdisneyさん

2010/2/1517:25:50

確定申告について

昨年、会社を退職した為年末調整が出来ていない状態で21年度の確定申告をすることになりました。
今回初めての所得の確定申告でわからないことがあるので教えてください。

1.持って行くものは何を持っていけばいいんでしょうか?
他の知恵袋を読んでいると、税務署から確定申告用紙が送られてくることがかかれていたのですが来ていない場合何を持っていけばいいんでしょうか?

2.税務署のホームページで確定申告のことをみていると住まいの近くでも確定申告の受付はやるみたいですが、実際に最寄の税務署にいき確定申告することはできるんでしょうか?

3.記入する用紙についてなんですが、色々あるとおもうんですがどの用紙に記入すればいいんでしょうか?
私は年末調整をしてませんので宜しくお願いします。

補足:年末調整をしていない状態で確定申告はできるのでしょうか?

以上長文になって文がおかしいとおもいますが宜しくお願いします。

閲覧数:
31,178
回答数:
10
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kodaijin_nさん

2010/2/2016:12:13

年末調整をしていないからこそ、確定申告は必要です!

1.初めての方は申告書は送られてきません。
税務署に連絡すれば入手できますが、以下の書類だけ申告会場に持って行けば申告できます。

○源泉徴収票、生命保険(個人年金)・地震保険・国民年金・国民健康保険(または任意継続保険)等の控除証明書
→確定申告用の添付書類として事前に送られてきます。
申告に必要な書類には必ずどこかに「(確定)申告」「控除」といった説明書きがあります。
○医療費が多いな、と思ったら21年に支払った医療費の領収書など。(補填分は差し引いておきます)
→医療費が10万円以上(所得200万円以上の方)または所得の5%以上の場合に、控除の対象となります。
(注:“所得”とは“支払金額”ではありません。算出する計算式があります。
但し、医療費控除の計算では、退職所得があればそれも含めて“所得”とします。)
○障害者等である場合は障害者手帳など。
○株取引や寄付金を行った場合などの証明書
○還付金を振り込む口座のわかるもの(通帳など)、印鑑

2.確定申告シーズンでは、公民館など税務署とは別の所で行っている場合があります。
申告する前に、一度お近くの税務署に尋ねてみてください。
(距離的に近い税務署でも管轄外の場合がありますので、ご注意を。)

3.給与だけの申告ならAでもBでもどちらでも可。
税務署に申告内容を相談すれば、ふさわしいのを選んでくれると思います。
ただ、最近は申告会場に行けば“紙に書く”のではなく“パソコンで作成”をすすめられるかも。

また、退職金があって、源泉徴収されている場合は、
給与だけでは控除しきれなかった分を退職所得から引くことができるので
退職所得の分の源泉が戻ってくる場合もあります。
(支払い時にもともと所得税を徴収されているはずなので、申告の義務はないようですが。)

あと、扶養している配偶者や家族がいる場合、
名前と生年月日の入力が要りますので、忘れないようにしておくといいです。
(時々思い出せず、その場で電話する方もいらっしゃいますので。)

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2010/2/2023:48:55

確定申告・・・・・年末調整をするようなものです。
回答1.①源泉徴収票②生命保険・地震保険控除証明書③退職後の国民健康保険の支払額・国民年金の支払い証明書④その他控除する場合は該当の領収書(医療費・寄付金等)⑤認印(シャチハタはダメ)⑥申告者の預金口座番号(税金が還付の可能性あり)
回答2.最近は税務署ではなく申告(納税相談)会場の別のところが多い、署は申告用紙の交付と受付のみ、申告会場は税務署に電話して確認してから行ってください。
回答3.会社を途中退職のみであれば、確定申告書Bの様式で申告して下さい、用紙は申告会場にも有ります。国税庁のHPで作成して印刷して提出してもOKです。

rivera_m42さん

2010/2/2005:52:23

1.給与所得の源泉徴収票、生命保険料、地震保険料控除の証明書、あれば国民健康保険や国民年金控除証明、障害者手帳、住宅借入金等の証明
2.確定申告の受付は、無料相談とかでしょう。税務署も場所により受付可能です。
3.税務署に行けばいただけます。確定申告書Aだと考えます。その申告書に記入します。手引きに記載例があります。
補足:できます。しないとおそらく税金が戻らないでしょう。

sunchan18809さん

2010/2/1907:01:07

会社を退職した時退職金を貰っていると思いますが、
その時に退職所得の受給に関する申告書を会社に提出していますか。
提出している時は会社で退職金に対して
正確な源泉徴収し分離課税扱いなので関係無いのですが、
提出していない時は一律20%の源泉徴収が退職金に掛かっているので
確定申告すると税金が戻りますよ。
会社から受け取る給与の源泉徴収票と退職所得の源泉徴収票が夫々必要。
1.初めて確定申告する場合は送って来ません。
確定申告書の用紙は税務署で常時用意していますから住所地を管轄している税務署に行くと良いでしょう。
確定申告する時に控除になる資料を添付する必要がありますので、その証明する資料を持って行きます。
社会保険料は健康保険、国民健康保険、国民年金基金、介護保険がありますがこれは源泉徴収票に記載されています。
生命保険に入っていれば保険会社から送って来る生命保険料控除証明書。
地震保険に加入していれば損害保険会社から送って来る地震保険料控除証明書。
医療費が年間10万超えていると医療費控除になりますから医療費の領収書、それに関わった通院交通費の明細。
住宅ローンがあれば住宅ローンに掛る借入金の年末残高証明書。
配偶者がパートなどで収入あればその源泉徴収票。
扶養家族が年間収入が103万以下で控除の対象となる扶養家族の有無。
2.申告は管轄する税務署になります。最寄りの税務署に行き管轄が違えば指摘して貰えますよ。
3.白色の用紙で、所得税の確定申告書Aでも確定申告書Bでもどちらでも申告できますが、
確定申告書Aは記載の必要個所が少ないので良いでしょう。
4.年末調整していなくても確定申告は出来ます。

アバター

ID非公開さん

2010/2/1621:36:08

出来ます。

【持ち物】
印鑑・通帳・去年1月1日~12月31日にまでに支給された分の給料明細か、退職したときに会社から貰っている源泉徴収票
1月1日に支給された分なので、たいていの方は去年の12月からの給料の分になります。

用紙は、税務署にありますので、特別持っていかなくてもOKです。

もし、医療費など控除するものがあれば、レシートなど持って言って下さい。

【確定申告の場所】
自分がお住まいの管轄の税務署
もしくは、市役所課税課でこの時期解説している場合があります。

【記入用紙】
去年は会社のみの収入ですよね? 自分で営業していましたか?
会社だけなら、青色の方に記入したらOKです。
税務署に言って、聞いたらすぐに用意してくれます。
そんなに緊張しなくても大丈夫です。

shinoda03さん

2010/2/1612:46:33

お住まいの地区を管轄する税務署で確定申告をします
記入用紙は会場(税務署)にありますので担当者から受け取って下さい
当日に必要なものは(書類等)昨年21年度の源泉徴収書(勤務先からもらう)給与以外に収入があれば証明できるもの
生命保険控除など控除関係書類(年金や介護保険等) 印鑑(認印) 還付がある場合は預金口座が必要です
年末調整をしていなくても確定申告をする事はできます。
当日はこの時期混雑しますので早めに行く事をお勧めします、事前に税務署に確認すると良いと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。