阪神高速を経由して高松自動車道と名神高速を乗り継ぎましたが、地方分の合算は出来ますか?

阪神高速を経由して高松自動車道と名神高速を乗り継ぎましたが、地方分の合算は出来ますか? 休日昼間にナビに従って、 高松檀紙-鳴門-(第二神明道路)-須磨-(阪神高速三号神戸線)-西宮-(名神高速)-関ヶ原 と走りました。高松檀紙入は、13:00頃、関ヶ原出は17:00頃でした。高速代を中日本NEXCOの高速日和で検索すると、 4900円と出ます。内訳は 高松自動車道1000円 明石海峡大橋1000円 第二神明道路200円 阪神高速 350円 名神高速(大都市1350円、地方部1000円) の4900円となりますが、高松自動車道分と名神高速の地方分は二度取り(1000円×2=2000円)となるのでしょうか?阪神高速に抜けてしまったためでしょうか?もしそうなら、阪神高速を通らずに中国自動車道に抜ければよかったと後悔です。

車、高速道路395閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

1

残念ながら合算できません。 阪神高速道路を通らずともNEXCOの高速道路のみで京阪神圏を通過できるため、阪神高速道路を介する乗継特例(連続利用に対する割引)の設定はありません。 ご想像のとおり、三木JCTから山陽道・神戸JCT・中国道経由で吹田JCTへ抜ければ、地方部の1,000円二重取りはありませんでしたが、これは乗継特例ではありません。 神戸淡路鳴門道を全線利用することになるこの経路の場合は、高松檀紙~関ヶ原間のNEXCO道路のキロ程を通算して料金を計算――1つの支払単位としてNEXCOの料金を精算します(神戸西TBでは本四高速分のみの精算で、高松檀紙~関ヶ原間のNEXCOの料金は関ヶ原料金所で精算する)。 乗継特例は、複数の支払単位となる指定区間(指定料金所間)を乗り継いだ場合に適用されます。 NEXCO中日本の料金検索では、乗継特例が適用された場合、各区間別の料金詳細表示において、乗継先区間の地方部料金に取り消し線が引かれ、赤字で特例適用後の地方部料金が表示されます。 休日特別割引(NEXCO中日本) http://www.c-nexco.co.jp/etc/disc_info/03.html 休日特別割引(NEXCO西日本) http://www.tokutoku-etc.jp/etc_full/09.html

1人がナイス!しています