ここから本文です

韓国における外国人永住権の取得条件の最新情報は?

rut********さん

2010/2/1717:24:15

韓国における外国人永住権の取得条件の最新情報は?

最近やっと話題に上がるようになってきた、永住外国人への
地方参政権付与問題について、賛成派が得意げに語る
根拠の一つに、

「韓国は永住権を持つ外国人に参政権を認めている」

というのがあります。

で、この韓国での永住権の取得についての情報が、どうも
色々探しても新旧入り混じってよく分かりません。
2chとかでよく書かれている、「2億円以上の投資が必要」
というのはどうも改正されているみたいですし。

現状はこんな感じなのでしょうか?

(1)韓国人と結婚して二年以上在留した外国人
(2)50万米ドル以上を投資し、5人以上の韓国人を雇っている外国人
(3)滞在期間が三年以上の技術資格取得者、教授、駐在員、語学教師などホワイトカラー層

詳しい方いましたらご教示お願いします。

補足rambutanzさん回答ありがとうございます。

評価項目についての具体的な数字ってないでしょうか。
所得は幾らくらいとか、投資は幾らくらいとか。
法律で可能とはなってるけと現実的に見たらありえない、というような
状況は意外とあるので、このあたりの情報がほしかったりします。

閲覧数:
4,862
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ram********さん

編集あり2010/2/1916:37:23

○既存の法律では専門職(E-1~E-5, E-7ビザ)に従事する外国人は、滞在中の活動及び配偶者の就労が制限され、優秀な人材の誘致及び韓国内の定着誘導に限界があった
○2010年1月から施行される改正案により、 韓国に滞在する外国専門人材(E-1~E-5, E-7)のうち、学力、所得などの資質評価など一定の基準を満たす者に対し、滞在資格を居住(F-2)に変更することで、安定的な在留、就労保障、永住資格(F-5)取得優遇などで支援する
※ 基準を満たしたものの配偶者及び未成年の子供にも居住資格を与える
○ 居住資格(F-2)から3年後に本人の申請により永住資格(F-5)取得
※現状は居住資格(F-2)取得から5年以上滞在する必要がある
○ 評価項目
․ 年齢、学力、韓国語能力、所得など
․加算項目:社会統合プログラムの履修、韓国留学経験、海外専門分野への就労経歴、家族などの出入国管理法順守など

○ 既存の企業投資(D-8)滞在資格は、外国人投資家が直接経営に参加する直接投資に限られ、海外資本誘致に限界があった。改正案では不動産など間接投資部門にも拡大
※米国、カナダ、香港などでは海外資本誘致のため、不動産投資家にも長期滞在資格、永住権などを付与
○ 一定金額以上を国内の不動産に投資した外国人に居住(F-2)資格を付与し、投資を継続的に維持し、国内滞在期間が5年以上の場合、永住資格(F-5)付与
※済州特別自治道地域で優先的に施行、投資金額は各自治体により違いあり。


まとめると、こうです。

居住ビザ -> 永住権 (韓国人と結婚した人の場合)
就労ビザ -> 居住ビザ -> 永住権 (会社員、専門職、技術者などの場合)
企業投資(または不動産投資)ビザ -> 居住ビザ -> 永住権 (投資家の場合)

日本の場合、日本人や永住者と結婚しない限り、配偶者まで就労制限のない「居住ビザ」はありませんし、「投資による移住」もないですね。また日本人と結婚した場合も、永住権申請まで3年以上必要です。

補足
なんか永住資格取得の要件と居住資格の取得要件が混ざっているように思えます。

ちなみに、この改正案は施行されたばかりで、「具体的な評価基準は法務部長官の公示による」となっていますが、東亜日報によると、所得は韓国の一人当たりGNIの2倍程度(2008年度末基準で年間3万8千ドルぐらい、既存の3倍から緩和)、韓国語能力は2級以上(既存は3-6級、数字が大きいほど難しい)とされているようです。

なお、これはあくまでもF-2(居住)ビザ取得のための評価基準のようです。なお、これに関する具体的な規準は

「3年以上滞在したF-2保有者は、生計維持、品行などを考慮して続けて居住する必要があると法務部長官が認める者」に対してF-5(永住)資格を与えるとされています。

既存のF-5資格取得要件である、50万ドル以上投資及び5人以上雇用、スポーツなどでの貢献、海外の大企業勤務経験のあるもので韓国企業の役員就任する場合、科学分野で長官の推薦を得た者などの条件は、あくまでもF-2を経由せずにいきなりF-5を取得できる「特別枠」で、不動産投資の場合は、済州島で優先的に実施するようです。

今回はF-2からF-5への移行が容易になったということで、以前はF-2からF-5取得まで5年必要でした。

また、外国の国籍を保持する韓国系外国人は違う条件が適用され、現在2万人程度の永住資格保持者を今後2年で5万人程度に増やす方針だそうです。

http://www.etimes.net/Service/kipa_news/ShellView.asp?LinkID=6014&A...

質問した人からのコメント

2010/2/24 09:39:47

成功 なるほど、よく考えてみると確かにF2→F5への変更条件と直F5を取る条件を
分けずに調べていました。
F2→F5への切り替えは、F2さえ取ってしまえば時間はかかりますが金額的には
それほど難しいものではないようですね。
F2条件にある韓国の平均GNIの2倍の所得というのがちょっと厳しいですが。
(日本で例えるなら外国人で月収60万程度取っているようなものですし・・・・・・)

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる