ここから本文です

散骨は刑法190条で禁止されているのにやる人は逮捕ですか

piucjmahgeiwnaさん

2010/2/1810:06:54

散骨は刑法190条で禁止されているのにやる人は逮捕ですか

閲覧数:
4,586
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

putitbanditsさん

2010/2/1810:15:53

日本の警察はぬるいですからね。民事上の損害賠償請求の方が心配ですよね。

散骨が海や空で行われることについては問題となることはほとんどないが、陸地で行われることについては、散骨を行いたいとする者やそれをビジネスとしている業者と、周辺住民等との間でトラブルとなることもある。

陸地で行われる場合、土地所有者に無断で行うことができない。

2005年(平成17年)3月に北海道長沼町は散骨を規制するための条例を制定した。これは散骨という新しい葬送方法をどう受け止めるかをめぐる過渡的な対立が顕在化したものと考えられる。散骨を規制する側は「近隣農地で生産される農産物に風評被害が広がる」と主張しているが、それは過剰反応であるという受け止め方もある。

なお、この条例に対して、同年4月、NPO法人葬送の自由をすすめる会が、憲法で保障された基本的人権の「葬送の自由」を否定するものであるとして、条例の廃止を求める請願書を提出したが、これに対しては特に取り上げられることもなく、むしろ、この長沼町での条例化を契機として各地で散骨に対する規制が定着しつつあるのが現状である(墓地、埋葬等に関する日本の法律との関係を参照)。

実際には陸地での散骨は宗教法人が持つ墓地にて、樹木葬などの形をとって行われる、私有地であっても散骨をしてしまった場合、土地の買い手が見つからなくなるなどの民事的な問題が起こりうるため、まず陸地での(墓地を除く)散骨は行われない。

TBS『噂の!東京マガジン』で、このことの問題(樹木、牧場などの周辺での散骨)について取り上げたことがある。

また、近年、海外で散骨を行う事が多くなってきたが[要出典]、特にハワイなどでは散骨に関する法律が規定されており、法律に沿わずに、観光がてらに勝手に行い問題を起こすと、多額の罰金を支払わなければならないばかりか、国際上の問題にもなりかねない。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kimukimu4_2さん

2010/2/1923:37:39

↓ ウィキですね。
ちなみに、この部分抜けてますよ。

散骨が刑法190条の規定する死体(遺骨)遺棄罪に該当するかについて、
法務省の見解(非公式)では、散骨が節度をもって行われる限りは違法性はないとしている。

非公式、ってところが、ポイントですね。はっきりとさせないのね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。