ここから本文です

資金繰りについて

lio********さん

2010/2/1822:20:23

資金繰りについて

資金繰りを改善するポイントには何がありますか。

皆さんのご意見をお聞かせください。

補足キュッシュフロー計算書の作成は、実績のキュッシュフロー計算書だけではなく、
予算のキュッシュフロー計算書の作成もする必要がありますか?

閲覧数:
451
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lou********さん

編集あり2010/2/1910:45:43

キャッシュフロー計算書を作成する。
1年~3年程度

売上債権の回転率を上げる
仕入債務の回転率を下げる

借入金の返済の猶予(返済計画の見直し

固定資産の売却

経費、人件費の削減、見直し

などですかね。

補足読みました
もちろん予算のキャッシュフロー計算書を作る必要があります。
時期や長期の予算を作っているのであれば当然キャッシュフロー計算書も
作っておくべきです。そうすることで、将来どの部分で資金が焦げ付くのか
ある程度わかりますし、そのためにどのような対策を練るかを考えるのが
企業経営だと思います。

実績はあくまで実績ですので、大事なのは予算だと思います。
予算を立てておけばその都度実績との差異を分析できますし
対策を立てるためには必須だと考えています。

質問した人からのコメント

2010/2/23 11:20:29

降参 なるほど、予算がより重要なのですね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる