ここから本文です

アンチウイルスソフトについて教えてください。

oly********さん

2010/2/2601:30:02

アンチウイルスソフトについて教えてください。

McAfeeインターネットセキュリティ2010とウイルスバスター 2010のどちらにしようか悩んでいます。値段やライセンス3人分などどちらもよく似ています。使用するPCにもよるのかもしれませんが、性能、両者の違い(サポート体制など)、お勧めなどありましたら教えてください。
メールやインターネットは普通に行います。時々ネットバンキングやインターネットショピング(クレジット使用)を行っています。

閲覧数:
477
回答数:
6
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

spo********さん

2010/2/2601:52:09

私も両方いまいちに1票です。
McAfeeは使用した事がありませんが、雑誌のレビューで却下
ウィルスバスターは前の親機で使用していましたが、ウィルス混入しまくりでした(使い方が悪いとの声もww)
今はしょこたん一押し?ノートンと無料のセキュリティエッセンシャルを併用して使っています。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mel********さん

2010/2/2612:32:26

マイクロソフトの無料ソフトもあるのでご参考までに。。
http://www.microsoft.com/security_essentials/

kiy********さん

2010/2/2609:15:16

おすすめは、イーセットスマートセキュリティ、カスペルスキー、ノートンこの三つあたりです。

カスペルスキーは検出率・ファイアウォール・軽さ、いずれもが高い優れものです。

ですが、管理画面や用語が少し初心者にはとっつきづらいかもしれません。
カスペルスキーの管理画面は他社と違い、設定項目も多岐にわたります。
設定しやすいか、しにくいかは人によって分かれると思います。 比較的上級者の方には分かりやすく、初心者の方には設定項目が多いと感じると思います。 慣れてくれば非常に高機能なのですが。

イーセットスマートセキュリティは検出率もかなり高く、軽さではカスペルスキーを凌ぎます。
ただし、個人情報保護や有害サイトブロック機能はありませんので、注意が必要です。

ノートンは価格が高いのがいかんせんネックですが、さすがに多機能かつ高機能、重さも以前に比べればかなり改善されています。 少なくともバスターよりは軽いです。

以下にリンクを貼っておきます。
カスペルスキー http://www.kaspersky.co.jp/
イーセット http://canon-its.jp/product/eset/
ノートン http://www.symantecstore.jp/index.asp

chi********さん

編集あり2010/2/2603:25:04

■ウイルスバスター(以下 VB)と マカフィ アンチウイルスプラス
両方使ってきましたけど・・・ どちらでも問題ないと言えば問題ないです。
私が使用した期間、特別不都合な事はありませんでした。


こういうソフトって たとえるなら自動車のエアバックみたいなもので・・・
実際事故にあって見ないと その良し悪しは分からないかもしれません。
それに危険運転常習者なら、守りきれなくても当然といえば当然でして・・・。


◇敢えて特徴をいうなら、VBは 有害サイトブロックとか
ウイルス検知駆除 以外の部分から ガッチリガードする 包括的なソフト。
結構 盛りだくさんなため、機能的にはおなか一杯。

4人家族で小学生ぐらいの子どもさんがいるような家庭には
合うかと思います。


◇マカフィは サイトアドバイザーなどをいち早く搭載しつつ
王道の機能を発展させて検知・駆除するタイプ。

各機能がモジュール?で分割されているので、
必要なプログラムだけをパソコンに入れたり パソコンから削除したりできます。

メールサポートは当然として、
9:00~21:00の電話・チャットサポートもあるので
夜間、自宅に戻ってパソコンを使う人には 比較的安心かと。



★安心感という意味でお勧めできそうなソフトは・・・

うまく使いこなせたなら
気鋭のカスペルスキーが最強らしいです。
もうちょっと一般受けしそうな優等生が ノートン。


個人的には、マシンパワーや用途との兼ね合いもありますので
体験版で試されて ご自分の感覚に合う物を選択するのが
一番宜しいかと思います。

=== 我が家の場合
カスペルスキーの体験版では オンラインゲームが原因不明で激重に・・・。
ESETは 体験版インストール段階で機能せず・・・。
G DATA体験版は マシンパワーが追いつがずわずか数時間で削除・・・。

で、うちはマカフィになったわけですが・・・。
あくまで うちのPCではってことなので、
貴方のPCでは 全く問題ないかもしれないので 何ともいえません。
===


レビューサイトとか、レビュー記事もあるんですが
記事(を書く人)によって 評価がかなり異なりますし・・・
所詮 一人の人間の分析なのでね。 それに振り回されることも無いかと。

min********さん

2010/2/2601:43:07

正解は「どっちもダメ」かな?

マカフィーはダメ過ぎて、とある雑誌で年1回くらいのペースで記事化されるセキュリティソフトの性能比較で、比較対象にすら入らない始末。
それだけウィルス検知率が悪い、という判断がされているわけです。

ウィルスバスターは、2009年版よりも2010年版は軽くなっているそうですが、それでも他のソフトに比べ重い上に、ファイアウォール機能が弱い、という評価がされています。
元々検知率も良くないので、これまたオススメ出来ないものです。


私個人は、一時期は国内最強と言われていたKadpersky2010を使っています。
今は最強の座はG-DATAという、Kasperskyとavast!の2エンジンを搭載しているものになっていますが、少しお高めなのが…。
Kaspersky2010は、USBメモリにも対応、元々ウィルス検知率も非常に優秀なもので、それにも関わらず2009年版よりも動作が軽量化されています。

カスペルスキーサポートの方と昨年暮に電話で話をしながらサポートをしてもらいましたが、ものすごく粘り強く丁寧に確実に問題解決に導いてくれました。
サポートの良さに感動するって滅多にない事なので、新鮮でしたね。
「安心感を与えてくれるサポート」でしたので、個人的には他に移れないとも思ってしまいました。

ネットバンキングなどですと、一番恐いのがキーロガー、フィッシングサイト、個人情報の流出辺りになりますが、Kasperskyだと個人情報の保護が少し弱点といえば弱点、のようです(キーロガーやフィッシング対策はOKですが)。

有害サイトブロック機能が少し弱点になってしまうものの、用途的にはノートン2010でもいいかもしれませんね。
ノートン2009まではダメソフトでしたが、2010からは大きく改良されているようです。検知率もかなり上がっているようですし。
カスペルスキーよりも少し重く、でもウィルスバスターよりは軽い、という使用感のようですよ。

ken********さん

2010/2/2601:36:46

McAfeeのサポートの人が知り合いにいます。
基本的にはサポートで顧客満足度を重視しているので
対応は丁寧だそうです。

TrendMicroは問い合わせたことありますが、対応が雑。
電話で聞くために問い合わせているのに
メールで方法送りますとか言われてちょっと面倒でした。
ただ、TrendMicroはオペレーターの技術が高いので、
PC側にトラブルがある場合以外でのトラブルは
かなりの部分まで対処してくれますよ。

一丁一旦なので、体験版など使ってみて
使いやすいものの方がよいと思いますよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる