ここから本文です

インフルエンザのウイルスの空気中での寿命は?

shi********さん

2010/3/418:05:42

インフルエンザのウイルスの空気中での寿命は?

閲覧数:
2,823
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pan********さん

2010/3/610:17:03

通常の生活環境では、ウイルスの死滅に温度と湿度は関係ないようですね。

ウイルスは口から放出された時点で猛烈に死んでいきます。数時間生き残ったとしても、不活性化します。

手にウイルスが付いただけでもどんどん感染力を失いますので、皆さんが思っている以上の強毒なものではありません。

四六時中一緒にいる家族でも、感染率は10%程度です。

従って空気中での寿命は、唾液が落下するまでの時間です。ウイルスが活性化したまま単独で浮遊することはありません。あれば、電車や飛行機に乗った人の多くが感染してしまいます。

やはり直接感染者から唾を浴びたり、唾液が付着したものが誤って口・目・鼻に運ばれた時に感染し、且つ感染者の体力や免疫力が弱っている時に、発症させるようです。

そうでなければ、とっくに国民の半数以上は感染しているでしょう。

しかし、情報操作を受けた人々は恐怖におののいて、例年の5倍の人が病院に行きましたが、見込みも含めても、感染者は2000万人そこそこです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

dai********さん

2010/3/522:12:57

下の方に追加で。

湿度によって変わりますよ。
高ければ数分。
乾燥していれば数時間など。
あくまで目安ですが…。

hor********さん

2010/3/507:14:59

数分から数時間です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる