ここから本文です

創業後3年で90%が倒産とか言いますが、本当ですか?

chi********さん

2010/3/923:17:16

創業後3年で90%が倒産とか言いますが、本当ですか?

私は会社経営して5年目ですが、90%もが創業3年で廃業とか嘘のように思えてなりません。いわゆるベンチャー企業(急成長を目的に投資を募り、急拡大戦略を描く企業)限定の話でしょうか。

普通に考え、普通にビジネスをしていれば、大もうけはしなくても、少し利益を出すくらいはできそうですが・・・。それとも、何か特殊な企業を含んでのデータなのでしょうか。

閲覧数:
98,111
回答数:
7
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nan********さん

2010/3/1010:33:48

>創業後3年で90%が倒産とか言いますが、本当ですか?
新設法人に新規の個人事業主を合わせるとそれくらいの数字かと思います。

>普通に考え、普通にビジネスをしていれば、大もうけはしなくても、少し利益を出すくらいはできそうですが
それが一番難しいことなのです。いまの不景気をみてお分かりの通り、何百年の歴史がある百貨店が
赤字であったり銀行をも倒産する時代です。
また世の中はデフレも手伝って家電店に限らず大量仕入れ大量低価格販売がスタンダードになっていますので
個人レベルでの起業では余程、優れた特許をもっていてそのライセンス収入があるとか、特殊なビジネスモデルを
持っていなければ「少しの利益」も出ないのです。

「起業」に関しては、無責任に起業を煽るコンサルタントやサイト、一般的な手順や数値試算しか書いていない起業マニュアル本、
いんちき情報をねずみ講の如く販売して「・・数億円儲けた・・」のような下品な本が書店やネットに並びあたかも
起業したら自動的に成功するかのごとく書かれていますが現実は甘くありません。
例えば、「ラーメン店開業」の本をみても、店舗を借りる際の諸経費やチラシの費用、店内の内外装にかかる概算費用しか
にっておらず、「このレシピでスープを作れば繁盛間違いなし、繁盛しなかったら罰金払います」
のような本は見たことはありません。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

asi********さん

編集あり2010/3/1510:39:37

貴方の仰る事がホントなら
俺は残り10%に入ってる訳だ(笑)

職種によると思いますよ。

大儲けしなくても少し利益を~って事ですが
意外と難しいですよ。
絶えず客の途切れない会社ってあります?

こないだまで流行ってた飲食店が
食後のコーヒー一杯無くしただけで
倒産したなんて笑えない話もあります。
店としてはカツカツだったんで苦肉の策だったんだろうけど
死んじゃうほど首絞めちゃったんだね。

私は飲食店じゃないけどフォレントの看板見ると
『明日は我が身』と気を引き締めます。





他の方の回答を見させてもらって
なるほどなぁ~っと感心しました。

nop********さん

2010/3/1015:19:27

よく事業計画を練って開業している人ばかりでなく、安易な考えで『開業したら儲かる』と思っての人も増えているからだと思います。

統計を取る方の資料は、だいたいお役所仕事の事が多いと思うので一概に正しいとは思いません。

政府の見解で景気が少しでも上向きになれば『景気回復』と言っているのと同じのような気もしますね。

duo********さん

2010/3/1006:45:26

創業後、倒産するのは確かに多いですよ。
今、10年持てば老舗に入る勢いですから。
しかし、ひと昔前と違ってネットビジネスや店舗を持たないビジネスが横行してますから倒産しても、
今までのように大きい痛手をする方は少なくなってるようです!

ベンチャー企業でもなんでもこの時期の起業は難しいですし、ベンチャー企業=運営資金やPRに売り込みは大変でしょうね、
しかし逆に当たれば大きい利益をも産むでしょう!

起業後、1年目で半分消えます。3年目でその25%が消えます。
それからは何とかして残るのが大半ですが、資金繰りや伸び悩みがあるようですよ。

adg********さん

2010/3/1001:08:14

90%はどうかわかりませんが
最近は法人にする壁が低くなったので高くなったとは感じます。
まぁー全くの未経験で自己資金も仕入れ先も無いのに
起業しようとする人もたくさんいるので、、、、、
(ここの質問でも多いけど)

個人事業者に限れば
起業したと言えないレベルの人もたくさんいますから
すぐにあきらめてサラリーマンしている人も多いですね
それを含めばかなり高いと思いますよ
(表に出ている数値はそれは出ていないと思うので)

あと、業界によると思います。
ベンチャーって言われる会社だと消える(吸収されたり)の
やはり早いですしね
ネットがらみなんかすぐ無くなりますから、、、
(ネットショップだけの店は特にね)

はやり廃りのある店もつぶれるの早いですね

まぁー逆に3~5年程度持てばしぶといようにも思えます。

ちなみに私の周りでは最近の土木とか下請けメインの
会社はすぐ消えますね
ネットショップはあっても閑古鳥だったりするし、、、
大きい事言っていた人ほど消えているように思える

まぁーつぶれたと言うよりもやめたという人の方が多いと思います。

アバター

ID非公開さん

2010/3/1000:44:21

少し利益を出すのは簡単なのですが、利益を出し続けると言うのが難しいのです。

一般に創業時には皆、無理をして150%くらいの能力(時間)でかけぬけます。

その後、体力も続かなくなり利益が出て一息ついた頃にそこからどうしていくかと言う事です。
それが3年目くらい。
そこまで続かないのは元々の計画に問題が有るんだと思います。

そしてその3年目を超えてそのままの状態だと、パフォーマンスが落ちてくる分、ぎりぎり黒字だと赤に転落になります。
そうならない様に随時手を打っていかないと10年持ちません。

当然、能力が下がった分、人を増やすから仕事も増やさなければいけない、仕事が増えた分だけ人を増やさなければいけない、
とスパイラルになります。
そこにたまたま、きっかけが引っかかると急成長します。
で、それはたまたまなので殆どは、そのスパイラルの中、整理されていきます。

と言った事で、ちょっと黒字が出た状態を維持できるバランスってのは綱渡りなんですよ。
本当にたまたまで、大きく伸びるか落ちるか、どちらかです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる