ここから本文です

大学って階段になってる広い教室がほとんどですか? 自分はすしづめ状態の狭い...

iloveskateboardareaさん

2010/3/1215:22:17

大学って階段になってる広い教室がほとんどですか?

自分はすしづめ状態の狭い教室は嫌なんです。具合が悪くなります…
自律神経失調症で広場恐怖というもので吐き気や腹痛が起こりそうです…心配。

でも広くて人がポツポツだと大丈夫そうなんですが、どんな感じですか?

補足その大学によって必修科目って変わるんですか?

閲覧数:
815
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

campoprugnoさん

2010/3/1216:21:46

その大学の規模や、授業の規模にもよります。
ですが、ほとんどが階段教室かというとそうではなく、大学全体の1割程度しかないくらいの気持ちでいた方が良いです。

多くの教室は、平坦な教室ですね。広さも、十数人向けの狭い部屋から、200人以上も入る広い部屋までピンキリです。
ちなみに、私の通っていた大学の一番狭い教室は15人。一番広い教室は2000人収容でした(教室というより講堂ですね^^;)

すし詰めになるかどうかについてですが、
例えば、教職関係の授業などは、学部学科を越えて履修生がいますので、おのずと一度の授業の参加人数が増えます。大学も履修生の人数に応じて授業の教室を変更したりする努力はしますが、授業によっては席がいっぱい、ということもあり得ます。

逆に英会話の授業やゼミ関係の授業などは、少人数であってこその授業なので、すし詰めになることはないでしょうね。


補足についてですが、
大学によって必修科目は違います。内容は同じでも授業名が違ったりしますし。
それと、所属している学部学科によっても違うと思います。

質問した人からのコメント

2010/3/15 11:23:24

降参 みなさん有り難うございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2010/3/1216:09:29

うちの大学は階段になってる教室は三部屋くらいしかないです
一般教養だと他の学科も一緒に受けるから広い教室で、人もいっぱいってパターンだったりします
学科ごとだとそんなに狭くないですが・・・
科目によりますよ。

必修科目は学ぶことが違うんだから違いますよ

編集あり2010/3/1216:20:10

語学(英語や第二外国語)とか必修科目とかそういうのは、
必ず受けなければいけないものですので、そういうのは普通の教室で、
学籍番号(あるいはクラス)に応じてそれぞれの教室で講義をうけるんじゃないですかね?

あと、選択科目などは、単位の取れやすさ、講師の人気度などで、極端に差があります。
出欠管理が甘い、毎年同じ講義をしていて過去のノートで済むなどの場合、
4月のはじめだけ激混みで、それ以降はポツポツと人がいるような状況の場合があります。

全てが全て階段教室で人がまばらなわけではないんです。

《補足へ》
大学によっても違うのかもしれませんが、
必修科目は、学科や専攻ごとに違う場合があります。
必修科目というのは、その分野の学問をするためには必ず修めなければならないという位置づけです。

あとは、一般教養科目は、他の学部学科と共通だったりしますので、
そういうのは大勢の学生を収容できるように大きな階段教室でやることがありますね。

bwds98さん

2010/3/1215:28:06

全てという事はありません。

大体、一般教養の教室等に多いですね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。