ここから本文です

冷暖房について。

adb********さん

2010/3/1315:08:21

冷暖房について。

我が家は夏はエアコンと扇風機、冬はファンヒーターです。
この前、寒かった日に灯油が切れて補充がめんどくさくってどうして冬はエアコン使わないんだろうって思いました。
そういえば、電機屋さんも電気ストーブを買おうとした時に電気代が一番安いのはエアコンだって言ってました。
ストーブならモチを焼くとか?何となく事情があるでしょうけど、灯油を買う手間も入れる手間もあるのになぜ、ファンヒーターなんですか?

閲覧数:
304
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

K.I.さん

2010/3/1318:14:51

それは、「エアコンは高い。電気を食う。暖まらない。」といった間違った思い込みがあるせいです。以前は、灯油は安く電気は高いというのが相場でしたが、今は違います。だから、今は石油暖房機器の代わりにエアコン暖房をもっと使えばいいと思います。

なぜ今は昔と違うのか。
①灯油価格があがっている(第二次オイルショック後18L800円くらいまで下がっていた灯油価格が、今は18L1500円近くになっている)。
②エアコンの本体価格が下がっている(以前は20万円以上したエアコンと同じくらいの性能のものが、今は5万円前後でも買える)。
③エアコンの暖房能力は向上している(今のエアコンは昔のエアコンの大体1.5倍以上の能力がある)。
④エアコンの省エネ性能も向上している(今のエアコンの効率は20年前のエアコンの効率よりも2~3倍も向上している)。

ただし、今も以下のような課題は残っています。
①夏に冷房をあまり必要としない地域では、冷房機能が無駄になる。
②室外機の設置の仕方が上手くいかないせいで本来の性能が発揮されない場合が結構ある。

以上のような課題が克服されれば、いずれ関東から北陸・東北でもエアコン暖房は一般的になると思います。今はエアコン暖房を使っていない人も、試しにエアコン暖房を使ってみて、その有効性を再確認してみるのには丁度いい時期ではないでしょうか。

それは、「エアコンは高い。電気を食う。暖まらない。」といった間違った思い込みがあるせいです。以前は、灯油は安く電気...

質問した人からのコメント

2010/3/18 12:22:36

エアコンのCMでファンヒーターとの比較とかしないのが不思議です。
我が家も全くの思い込みでした。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tet********さん

2010/3/1516:23:25

●ファンヒーターのメリット・デメリット
○メリット
①温風が下から出るので足元が暖まり易い。
○デメリット
①定期的に換気の必要がある。
②床に置くタイプがほとんどであり、床スペースが必要。
③灯油の購入、給油が必要。
④使用方法によっては火災の危険性がある。
⑤夏期は使用しないので収納の必要があり、収納場所も必要。

※ エアコンの場合はこれらが逆になると思って頂いて結構です。
現在のエアコンであればランニングコストも変わらないでしょうから、私ならばエアコンの方を選択します。

lun********さん

2010/3/1413:04:28

昔のエアコンのイメージで使っている可能性もありますが、寒冷地だとヒートポンプが暖房に不利なため夏だけ使っている可能性もあります。ストーブを使わないのは火事が怖いからだと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる