ここから本文です

アメリカは帰化しても、選挙権を与えられないと聞いたのですが

fiv********さん

2010/3/1818:44:16

アメリカは帰化しても、選挙権を与えられないと聞いたのですが

ぶっちゃけ分かりません
与えられなかったり、与えられたり混乱してます
実際に、3回目ですよ
要するに、帰化で選挙権を与えられるか与えられないか聞きたいのですねぇ
すみませんね

閲覧数:
2,463
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tho********さん

2010/3/1819:41:53

帰化すれば選挙権はあります。
ただそこまでのハードルがかなり厳しいのです。

まず帰化のためにはグリーンカード(永住権)の取得が義務付けられています。
国内で就職できますが公務への就業は制限があります。
アメリカと元の国の税金を二重払いしなければなりません。
自由に移動はできますが旅券は発行できません。
選挙権・被選挙権がありません。
生活保護などの公共サービスが受けられません。

グリーンカード取得5年後で市民権の申請が受けられます。
道徳的に正しい人物であること。
合衆国に忠誠を誓うこと。
簡単な英語の読み書きができること。
そして市民権テストを受けて合格することが義務付けられています。
これで選挙権が得られるのです。

ちなみにこの選挙権も各州によって色々と違います。

日本では選挙の前になると「投票場は●○小学校です、この葉書を持参してください」という文面が書かれた投票状が送られてくる。
アメリカではそういうことはありません。どこまでも自己責任が重視されるのです。
そもそもアメリカには住民登録制度がない、だから住んでいる州に選挙登録をしないと選挙権すらないのです。

そして選挙登録も各州により様々な規定がある。
ニューヨーク州やコロラド州、ユタ州は一月以上住んでいること、ミネソタ州は20日間、ウィスコンシン州は10日間。
申請してもニューヨーク州、ワシントン州、アリゾナ州、コロラド州は申請に一月掛かります。ユタ州は書類を持参すると一週間ですみますが輸送の場合は20日掛かります。

ちなみに大統領の被選挙権は帰化した人ではちょっと無理ですね。
アメリカ合衆国で出生した人という規定があるからです。
ただ、出生さえすれば外国人出身でも被選挙権はあります。
35歳以上で14年以上合衆国市民であればOKです。

質問した人からのコメント

2010/3/24 23:52:45

ありがとうございます

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

aki********さん

2010/3/1819:02:45

アーノルド=シュワルツネッガーカリフォルニア州知事は、オーストリア国籍からアメリカ国籍に帰化したから、被選挙権まであって知事になれたのですが。

アメリカ大統領の被選挙権は帰化者には与えられませんが、選挙権はあります。

シュワルツネッガー知事は、知事にはなれても、大統領にはなれません。

そこを混乱しているのでは?

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる