日蓮正宗宗門信徒の皆さん、御書の勉強は、ご僧侶の指導で、本当に大丈夫ですか?

日蓮正宗宗門信徒の皆さん、御書の勉強は、ご僧侶の指導で、本当に大丈夫ですか? 先日、日蓮正宗信徒の方へということで、御書の勉強はどうされていますかという質問をした者です。 回答の方は、確か、皆さん、法華講の方ばかりだったかと思います。 各寺院で、ご僧侶指導の下、勉強をしているという丁寧な回答を頂きました。 しかし、これから、書く事は、私が実際に体験したことであり、日蓮正宗のあり方に強い疑問を持つ理由でもあります。 信教の自由は、憲法で保障されていることであり、これは、決して、誹謗中傷のつもりで書いているのではありません。 以下のような事実について、日蓮正宗信徒の方は、どう思われますか? 私のいとこは、創価学会の家庭に生まれ育ちましたが、例の宗門問題の時、創価学会を離脱し、いわゆる信徒になりました。 そのいとこ、もう50歳過ぎですが、数年前、親を亡くしました。 通夜の席、いくら待っても坊さんは来ません。 何の連絡もないまま、1時間後、非常に若い坊さんが、ズカズカと入ってきました。 そして、一言の侘びもなしに読経に入りました。 その後、翌日の告別式の打合せを、いとこと行っていましたが、その態度を見て、私は唖然としました。 自分の父親のような年齢の喪主である者が、正座して敬語で話しているのに対し、その坊さんは、だらしなく胡坐をかき、さらに煙草をすいながら、上からの物言いで、指示しているのです。 一般常識から考えて、異常ですよね。 何の連絡もなく、1時間遅刻して、一言も詫びない。 正座して敬語で話す年上の者に対し、煙草を吸いながら、胡坐をかいて、上からの物言いで話す若僧。 私は、この時、思いました。 あーこれが噂に聞く、僧が上、信徒が下といわれる日蓮正宗の姿なんだと。 こんな一般常識もない坊さんに、果たして、日蓮大聖人の厳しい御書の正しい講義が出来るのでしょうか? それとも、この坊さんが特殊な例なのでしょうか?

補足

ayapanayapan1810さん 早速の回答ありがとうございます。 残念ながら、どこの寺院の坊さんかは、分かりません。

宗教375閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

1

先日のご質問に対して回答させて頂きました日蓮正宗法華講の者です。 >あーこれが噂に聞く、僧が上、信徒が下といわれる日蓮正宗の姿なんだと。 >こんな一般常識もない坊さんに、果たして、日蓮大聖人の厳しい御書の正しい講義が出来るのでしょうか? >それとも、この坊さんが特殊な例なのでしょうか? そのお坊さんが「日蓮正宗の僧侶」とは明確に書かれていらっしゃらないようですが、 日蓮正宗において実際にそうした方が居た場合には、かなり特殊といえます。 そうした噂がどちらで流れているのかは解りかねますが、 当方は、一信徒として「僧が上、信徒が下」などという認識はしておりません。 相手のすることで腑に落ちないことがあれば、着いていかなければ良いだけのことですからね。 この場をお借りし、大変申し訳ありませんが、下記2点についてお聞かせ願えますでしょうか。 >私のいとこは、創価学会の家庭に生まれ育ちましたが、例の宗門問題の時、創価学会を離脱し、いわゆる信徒になりました。 「いわゆる信徒」とはどういった状態を指されていらっしゃるのでしょうか? また 御書の中にも、大聖人御在世当時に「信徒」として信仰をされていた方へのお手紙がたくさん載っていますよね。 その中には折伏行を行うまでに至らず、御供物等を大聖人のもとへお持ちするだけの信徒も多数居られたことでしょう。 しかしながら、御書を拝されていらっしゃれば解ると思いますが、大聖人はこうしたことを直接的に誡めることはされておりません。 このことについて、どういったお考えをお持ちでしょうか。 何卒宜しくお願い申し上げます。

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

いつも真摯な回答ありがとうございます。言葉足らずでしたが、檀徒というのでしょうか、特に何もやらなくなりました。また大聖人の教えの根本には、折伏があると思います。 日蓮正宗の寺院で告別式をやったので、僧侶は日蓮正宗だと思います。回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/3/19 23:17

その他の回答(1件)

0

私はそのお坊さんは日蓮正宗のかただとは思えませんね…。私はまだ何も知らないのですがそんな変なお坊さんは見たことがありません(笑)ところで話は変わりますが今月の28日と4月3日に登山させていただくことになりました(¨)!楽しみです。