ここから本文です

振袖について教えて下さい。 袖の長さ 中振り、大振りでどんな違いが有りますか?

tya********さん

2010/3/2214:05:16

振袖について教えて下さい。
袖の長さ
中振り、大振りでどんな違いが有りますか?

補足花嫁がお色直しで自分の成人式の振袖を着る場合、大振り以外は、来賓に負ける事に成るのでしょうか?

閲覧数:
14,899
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kit********さん

2010/3/2219:53:45

補足について。:その来賓客様の振袖姿がよほど派手に着飾っていらして、
なおかつ花嫁様がかつらをかぶらず、引き振袖ではなく、
普通に成人式の振袖をコーディネイトされて着た場合には、
負けはせずともいい勝負となりそうですね…
今はレンタル衣装で、花嫁らしく華やかにコーディネイトした黒引き振袖が流行りですから、それでしたら来賓の振袖姿に負けないでしょうね。

--*--*--*--*--*--
袖丈の長さによって、呼び名が変わります。
・75センチ前後ならニ尺袖。
・85センチ~95センチは小振袖。
・95~115センチは中振袖。
・115センチ以上は大振袖(本振袖)。
です。

袖丈は70cmでも結構長いです。
75cmも有れば振袖にしては少し袖丈が短いくらいで、晴れ着として二尺袖にふくら雀を締めて振袖として着られます。
また本人の身長の高さにより、袖丈の長さの印象が変わります。


--*--*--*--*--*--
余談ですが、
振袖のルーツは室町時代頃の元服前の子供の着物です。
大きく脇があいた袖は、元々大人に比べて体温が高く、動き回ることで熱気を発し易い16、7歳以下の男女・子供の体温を一定に保つために作られたものでした。当時はこれを「脇明け」と呼び、袖丈を短くすること(留袖)はなかったようです。

「袖を振る」という仕草から、厄払い・清めの儀式に通じるとも考えられていました。結婚式や成人の日などに振袖を着用するのは、人生の門出に身を清めるという意味を持つようです。
振袖は人との縁・魂を呼び寄せ、厄払い・お清めに通じると考えられていました。

戦後しばらくは、振袖にも種類があって(最正装=五ツ紋、祝事=大振、宴事=中振、小振)と袖の長さや柄ゆきもたくさんあり、無地のものもあったと思うのですが、
現在では成人式のお嬢さんに向けた商品が主なので、問屋さんの都合もあって大振のみが残り、
柄ゆきも華やかなものが多いのかなと思います。売れ筋以外は廃れていったのでしょうね。
ただ卒業式の袴に合わせる着物は、二尺袖が多いですね。

産休中の着付け師より。

質問した人からのコメント

2010/3/22 20:05:21

成功 産休中なのに有難うございます。息子がお式をするのですが、ウェディングドレスの後
自分の振袖をかつらをかぶらないで、着ると言うので心配でした。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

dea********さん

2010/3/2214:13:48

違いはあまりありません。ただ、永く使うなら袖を短くする事を頭に入れ柄を途中で切ってもおかしくない柄をお勧めします。既婚や年配になっても使う事が可能な色柄も選ぶ条件にしてはいかがですか。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる