ここから本文です

魚釣りが好きでおもに真鯛、チヌなど釣りますが、神経絞めの仕方がよく解りません...

kur********さん

2010/4/811:26:37

魚釣りが好きでおもに真鯛、チヌなど釣りますが、神経絞めの仕方がよく解りません。詳しい方がおられましたら、教えて下さい。宜しくお願いします。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
965
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hyk********さん

編集あり2010/4/814:26:36

釣った魚を美味しく食べる方法として神経〆と言う方法が一番美味しく食べられます。
先ず、釣った魚の人間で言う眉間に当る、目と目の間の若干上を千枚通しの先で刺すと、中が空洞になっている所が有ります。
そこに、50センチ程の神経〆用(釣具屋で売っています)の針金状の道具で(ステンレスの針金でも可)背骨上に脊髄が通っている所につながっている穴がありますので、そこを探ると魚が小刻みに震える場所がありますので、そこを見つけたら一気に突き刺すと、魚がブルブルと震えて一瞬で色が変わります。
その後にエラの裏に血袋がありますので、千枚通しで引き裂いて海水を入れた水汲みバケツにエラが開くように少し折り曲げる感じで入れて完全に血抜きをします。
この時にエラが開いた状態で海水に付けないと血が完全に抜けないので注意が必要です。
これで、後は保冷剤や氷の入ったクーラーに入れておけば、帰って美味しい魚が食べられます。
この方法は、魚の神経を破壊する事により、死んだと言う信号が身に伝わらなくする事で、死後硬直を遅らせる為です。
「新鮮な魚はコリコリしている」などと良く聞きますが、本当に新鮮な魚はトローッとして柔らかいんですよ。
コリコリしているのは、死後硬直が始まって身が凝縮しているからコリコリするので、その後に腐敗が始まり柔らかくなりますので、この状態になると美味しくありません。
魚屋さんも刺身用の鯛などを一匹丸ごと売る場合は、この方法でやっていますよ。
この方法は、どんな魚(カレイ・ヒラメも)でも同じなので一度試してみてください。
又、魚拓をとる時も、ナイフなどで切れ目を入れないので外見に傷が付かず綺麗な魚拓が取れますよ。

質問した人からのコメント

2010/4/8 17:16:22

とても解りやすいご説明をありがとうございました。今度ためしてみます。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる