FXのレバレッジについて。「証拠金1万円、レバ100倍で1ドル100円の時に1万通貨買う(売る)」のと、「証拠金10万、レバ10倍で1ドル100円の時に1万通貨買う(売る)」

FXのレバレッジについて。「証拠金1万円、レバ100倍で1ドル100円の時に1万通貨買う(売る)」のと、「証拠金10万、レバ10倍で1ドル100円の時に1万通貨買う(売る)」 のとでは、新規注文を出し、その後レートが動き決済注文を出した時に得られる利損益額は、双方共同じという認識で合っていますか?高レバレッジだとハイリスクだとよく聞きますが、それはレバ高だと証拠金額が低ければ低いほどロスカットされやすいから、ということででしょうか? どうやら今まで「レバレッジ」という機能について間違った認識をしていたようなので、確認のため質問させていただきました。

外国為替、FX1,382閲覧

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

1

レバレッジをいくらにしようが、同じポジション量なら得られる損益は一緒です。 ハイレバが危険と言われるのは、ポジションを沢山持ててしまうからです。 しかしハイレバの使い方を誤らなければ大きな武器になりますよ。

1人がナイス!しています

その他の回答(2件)

0

○双方共同じという認識であってます。 ○証拠金額が、少ないとロスカットされやすい。ということです。 証拠金額の中で、ストップをコントロールしているのなら、 ハイリスクでは、ありません。 ○ただ、FXをする人の90%以上が損出を出しています。 そもそも、FXはハイリスクな投機で、 FXのうまい人が、FXの下手な人から、 お金を奪う合法システムです。 うまい側に、ならないとカモです。

0

「FXの最大の特徴はレバレッジ」...これは間違いではないと思うが、 「高レバレッジ=ハイリスク」というのは、真実の姿ではないと思う。 FXなどをやったことない人が勝手につけたイメージだろうね。 質問者が言っているように、実際の損益計算にレバレッジは関係ない。 保有しているポジションの枚数(通貨量)とレートの差。 これだけで、損益は確定します。 FXでトレードする場合、レバレッジなんて関係なく、 入金した証拠金の額と、保有しているポジションの大きさと、 予想される損失の額のバランスを取ること。 あえて、レバレッジを話にだすとしたら、 証拠金の額と約定したレートとポジションの大きさから算出される 「実質レバレッジ」はねちょっと考えてもいいけど... タイミングが勝負の世界でその都度レバレッジなんて計算していられないけどね。 レバレッジの大小で、強制ロスカットのラインが上下しますが、 これについても、そもそも業者が用意する強制ロスカットを意識しなければ ならないほどのギリギリのトレード自体に問題がある。 大切なことは、レバレッジを意識しながらのトレードではなく、 予想される損失額を意識しながら、その損失額を最小に納めることを 意識しながらのトレードだろうね。