ここから本文です

何故 1日は「ついたち」、8日「ようか」、20日「はつか」と読むのですか?

rtt********さん

2010/4/2019:34:24

何故 1日は「ついたち」、8日「ようか」、20日「はつか」と読むのですか?

閲覧数:
26,764
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

blo********さん

2010/4/2022:50:33

■1日
月が始まることを意味する「月立ち(つきたち)」が訛ったものが「ついたち」(表記は朔日)。
1日と月が始まる日は同じことなので、いつしか1日を「ついたち」と読むようになりました。

■八日
八を「や」、日を「か」と読んで「やか」となったのが、時が経つにつれて「やうか」に変化し、それが現在では「ようか」と読まれるようになりました。
蛇足かもしれませんが…八を「はち」と読むのは音読みで、「や」と読むのは訓読みです。かつ日を「にち」と読むのは音読みで、「か」と読むのは訓読みです。「ようか(やか)」は「八日」を単に訓読みで読んだだけと言えます。

■二十日
これは二十を「はた」と読み、日を「か」と読んだ「はたか」が、「はつか」に変化したものです。
二十を「はた」と読むのは、「二十歳(はたち)」などでも同じですね。

質問した人からのコメント

2010/4/21 06:45:03

降参 ありがとうございました。勉強になりました。まだまだ、読み方の不思議な言葉があります。
また質問すると思いますので、その時はよろしくお願いします。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる