ここから本文です

中古マンションについてお聞きします。 1.築9年 3LDK 90平米 南西角部屋...

mim********さん

2010/4/2700:51:19

中古マンションについてお聞きします。
1.築9年 3LDK 90平米 南西角部屋 5階建ての4階部分
価格1280万円 一般定期借地権付きマンションなので固定資産税が不要

2.築9年 3LDK 110平米 中部屋 4階建ての2階部分
価格 1240万円

みなさんならどちらを選びますか?

閲覧数:
354
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sus********さん

2010/4/2702:08:41

二者択一であれば、2.の方でしょう。
定借マンションのメリットは、所有権に比べ格安で間取りが広い、という点です。価格に大差ない(むしろ1.の方が高い)のにわざわざ定借を選ぶメリットが感じられません。
固定資産税不要、とは言いますが、それは土地についてのみの話ですし、「地代」は別途かかるはずです。たぶん、固定資産税相当額の数倍は払う事になるはずです。また、建物分にかかる固定資産税は所有権と同じです。マンションは建物にかかる税金の方が高いのが普通です。
1.のメリットとしては角部屋という事と階数が2階分上である、という点でしょうが、価格差を考えると定借のデメリットを埋め合わせているとは思えません。

もちろん、好みもあるでしょうから、どちらを選ぶかはご自由にどうぞ、とは思いますが。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる