ゲームパソコン?BTOパソコンについて

宝塚2,008閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

7

7人がナイス!しています

その他の回答(4件)

0

BTOパソコンなんてどこで買っても同じ値段ならたいしてスペックは変わりません。 PCケースとかの使っているものが違う程度です。 少し学べばPCの仕組みなんてすぐに覚えることができます。 また、BTOでも保障をつけられるので特に気にしなくていいと思います。 別に保障が無くても自分でどうにかできるようになるでしょうけど・・ BTOパソコンのデメリット・・・自分の好きなPCケースとか電源とかに出来ないくらい。 backdoor_freeさんが高くつくと言っているけど、どこが安いなどあれこれ調べて買う手間を考えれば差はないでしょう。 というか、今は同じ値段でも自作よりBTOでスペックを上回れます。 また、自作すると欲が出てスペックに直接関係ないところにまでお金をかけたくなりますし。 色々ネットで調べてみるとPCの仕組みも分かり楽しくなりますよ。 私も最初はメーカーPCを使っていましたが、CPU・マザボ・グラボなどの名前しか知らない時期に自作を初め、今では自由に扱えていますから。 沢山調べて理解できる自信がないなら今は自作よりBTOにしましょう。 誰でも最初は無知です。メーカーPCなんて・・・と思う日が必ず来るでしょう^^

0

BTOマシンは、お勧め出来ません。 BTOは、ショップが組んだ自作マシン。 確かに高性能なマシンですが、メーカー物の様に、何処で買っても壊れた場合、何処の電気屋に持ち込んでも必ず修理して貰える。(有償となる場合もありますが) が、BTOの場合、元が自作マシンと言う事で、大半が買った場所以外では受け付けてくれません。 その分安いと言うのもあるのですが… なので、壊れた場合、最低部品名、どう言う仕組みで動いてるのか?ぐらい理解してないと、対応出来ないことが多い。 そう言う事を理解した上での購入でしたら、止めませんが。 壊れたら何も判らない。 修理は他人まかせと言うなら、BTOでは無く、メーカー物PC買われた方が無難です。

0

「デメリット」とは基本的に何かと比較しての話になりますので、とりあえず自作(自分でパーツを集めて自分で組み立てた場合)と比較します。 ・BTOのメリット まぁわざわざ言うまでも無く、自分で組み立てる必要がありません。また、ショップによりますが保証が効きますし、相性もある程度は調査されたうえでメニューが用意されているので、相性問題を気にする必要も低いです(無いとは言い切れませんが)。 ・BTOのデメリット やはり「高くつく」という点が一番。自分でパーツを集めた方が殆ど安くなります。 また、パーツも用意されたものしか選べませんので、パーツの知識が有る人ほど自由度が低く感じてしまいます。 >BTOパソコンというのは初心者でも手を出していいものなのでしょうか? 寧ろ詳しくなればなる程に利用頻度は減るんじゃないかと思います。 >あと、もし買うとしたらどこを選んだらいいのでしょうか? レイン,テイクワン,サイコム辺りが鉄板でしょうかね。詳しくは検索で。 変り種(と言うと失礼かな)では、ワンズ等も面白いです。BTOではなく単なる組み立て代行なのでBTOほど初心者向けではありませんが、色々なパーツが最安値帯で自由に選べますので、自由度という点では一番でしょうね。

0

BTOとは、Build To Orderの略、つまり「発注後に組立てて販売」という形式をさします。 ゲームパソコンは「ゲーム専用」ではなく、「ゲームという重い作業もこなせる高性能PC」という意味です。 普通のPCとの違いは、 ・高性能CPU ・高性能グラフィックスボード ・大き目・ゆったりのサイズのケース ・容量大き目の電源ユニット ぐらいです。 別に初心者が手を出してもいいですが、保証はできるだけ長くつけたほうがいいでしょう。デフォルトの1年保証ではなく、カスタム項目で有料の3年保証を選択するといいですね。 買うとしたら、通常はPCショップのショップブランドを買うのが普通です。ドスパラとか、パソコン工房/フェイス、クレバリーなどの秋葉原に店舗のあるショップが有名です。 通販で販売しているのでそれを利用するといいでしょう。 ドスパラ http://www.dospara.co.jp/5goods_pc/pc_list.php?h=g&f=g&m=g&tc=30&a=r パソコン工房 http://www.pc-koubou.jp/pc/game.php クレバリー http://www.clevery.co.jp/pc/middle/game.html この辺のショップで、予算とやりたいゲームにあったPCを選択してください。ゲームには「推奨動作環境」がありますが、それよりちょっと上ぐらいのものを買えば快適にプレイ可能です。やりたいゲームが複数ある場合は、一番要求スペックの高いものを基準に選択します。 デメリットは、最初に入っているソフトウェアがほとんどないことです。家電メーカー製OCだと、使えるソフトや使えないソフトがごちゃごちゃ入っているのが普通ですが、BTOパソコンはデフォルトではOS以外のソフトウェアはほとんど入ってないのが普通です。Microsoft Officeなどのソフトウェアも、カスタムで入れないと入っていません。