ここから本文です

川原でヘキサタープ!! 川原でヘキサタープを張りますが、川原は石がゴロ...

mai********さん

2010/5/1401:11:40

川原でヘキサタープ!!



川原でヘキサタープを張りますが、川原は石がゴロゴロでスチールペグでも打つのが難しいと聞きました。
石に固定してもいいとサイトで見ましたが、全部のロープを石にでも大丈夫でしょうか?

閲覧数:
11,036
回答数:
8
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

asa********さん

2010/5/1522:18:22

んにゃ、スノーピークのソリッドステーク30で大丈夫ですよ。
私は基本、石がゴロゴロした河原でキャンプです。
そんなところに誰もテントを張らないので、オンシーズンでキャンプ場が芋洗い状態の時は、あえて河原を指定して自由に使わせてもらっています。

ただし、きちんと張らないと風に持っていかれて凶器と化すのがヘキサです。
私はキャンプには80本のソリッドステークを持っていきますが、曲がろうが歪もうがとにかく完全に打ち込みます。
ですから、一回のキャンプで2〜3本は確実に死にます。
私は長期キャンプが多いので、ヘキサだけはソリッドステーク40でペグダウンしますが、経験上、ほとんどの河原はソリッドステーク30で大丈夫でした。
http://www.snowpeak.co.jp/catalog/products/detail/135

スチールペグであろうがアンカーペグであろうが土嚢ペグであろうが、まずはきちんとヘキサを張ることです。
適切なロープの長さ、適切なロープの角度、適切なテンション、そして適切なペグの打ち込み角度。
これらを踏まえれば、たとえ風で幕体が煽られても、きちんと打ち込んだペグが抜けることはありません。

河原よりも、むしろペグが効かないのは海岸などの砂地です。

質問した人からのコメント

2010/5/20 21:40:15

一安心 みなさま、親身で適切なご回答ありがとうございました!!BA迷いましたが、きちんとペグを打ち込むことがまず大事と再確認させてもらったこちらの回答を選ばせていただきました。
touchme_orbitさんの補足も拝見しました。こうすれば絶対大丈夫ということは無いことを肝に銘じ、自分の力量を冷静に判断して臨機応変に取り組みたいと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mt_********さん

2010/5/1712:25:56

そうですね。
石がゴロゴロしてる川原では、簡単にペグダウン出来るところは少ないでしょう。

しかし適当な立木や石があれば、それらは大いに活用できます。
ただポールを立てる場合…そこから出すロープ(通常4本)には、石といっても人間が簡単に動かせるようなものは使えません。

押しても引いても動かないような大きな石であればペグよりも安心です。
まぁそんなに都合のいい位置に大石があることはまずないので、そんな場合はロープワーク然り、経験上の知恵を駆使します。

失敗しても大事に至らないようでしたら、いろいろと試してみるのもよいでしょう。
近くに人(とくに子どもや他人)が多い場合は、自信がなければやめときましょう(怪我させたりすると何かと面倒です)

qwe********さん

2010/5/1511:28:54

自立式のドーム型が安全です.

張り綱の固定は土嚢のほかにネットを使う方法があります.

ホームセンターで売っている緑色のネットで
なるべく糸が太いものを使います.
ネットの上に石を集め,石がこぼれないように紐で口を絞ります.

sn_********さん

編集あり2010/5/1607:31:46

土のう袋に石や砂利を入れてそれに張り綱を結べば大丈夫です
石に直接は結びにくいし、レジ袋などではすぐに切れてしまいます
少し高いですが、コンバイン袋というのがあります
持ち手が付いているので、結びやすいですね

単価 土のう袋 30~50円くらい
コンバイン袋 150円くらいです

スノーピークのペグ1本で 土のう袋がいくつ買えるか?
私は土のう袋にしてます
帰りには ゴミ袋にもなるしね

nao********さん

2010/5/1413:49:17

「石」ってより「岩」に縛り付けてしまえば大丈夫です。
十分に重い岩を探して運ぶのが大変な場合には、丈夫な袋に石を詰めて縛り付けちゃえば大丈夫です。
タープに付属のロープだと長さ足りなくなる可能性もあるんで、予備のロープを用意しておいた方が良いです。

ccd********さん

2010/5/1413:46:23

海岸の砂地でペグが利かないので大きな石などにロープをくくり付けて何とか設置した事がありますが、ロープは

実に風で揺れているのか、石にこすれた部分のロープが擦り切れて、僅かの糸しか残らない状態になりました。

長い目のペグを何本かロープの先に縛り、ペグを広げて重い石を置くなどの工夫が必要かもしれませんが、やはり風が強い時は

辞める勇気も必要だと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる