ここから本文です

置換基と分子の阻害活性との関係について 分子の阻害活性を高くするような置換...

げっすげすさん

2010/5/1411:04:11

置換基と分子の阻害活性との関係について

分子の阻害活性を高くするような置換基にはどんなものがありますか?
また、なぜそうなるのでしょうか。

閲覧数:
145
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2010/5/1415:13:47

有機化学反応の立体障害の話であれば、一番顕著なのはt-ブチル基ですね。

これがあるとラジカルの反応性まで一気に下がります。
そのため、BHT(2,6-ジーt-ブチル-4-メチルフェノール)では、Oラジカルが安定化可能なため、ラジカル酸化の防止剤として利用されています。

あと、わかりやすいのは、アニリンは簡単にアシル化されますが、2,6-ジーt-ブチルアニリンのアシル化は非常に遅くなります。
これは立体障害によって、アミノ基の求核性が非常に大きく落ちるからです。

質問した人からのコメント

2010/5/21 12:47:14

成功 ありがとうございました。とても参考になりました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる