ここから本文です

太平洋戦争時、昭和天皇は どこかに身を隠していたのでしょうか?

dmn********さん

2010/5/1421:46:16

太平洋戦争時、昭和天皇は
どこかに身を隠していたのでしょうか?

閲覧数:
716
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

昭和天皇は皇居内においででした。
一応防空施設として、当初宮内庁庁舎の地下金庫室を予定していましたが、安全性に欠けることがわかり、昭和17年12月に皇居内吹上御苑に「御文庫」を作り、1トン爆弾にも耐える地下防空壕を作りました。後の昭和20年6月には、防御的に50トン爆弾の直撃にも耐えられるように改造し、かの御前会議などもこの御文庫の地下会議室で行われました。昭和天皇は、午前中は宮殿(明治宮殿)御座所での執務に当られ、午後は御文庫で過ごされていましたが、明治宮殿が空襲で焼失後は重要会議や御執務も御文庫で行われました。

昭和天皇は松代大本営への疎開にも消極的であったと言われ、お子様方は孝宮(鷹司和子)、順宮(池田厚子)、清宮(島津貴子)の三皇女は塩原御用邸に、継宮(今上天皇)、義宮(常陸宮)は日光の学習院日光学寮に疎開されましたが、最後まで神器を奉じて宮城に留まるお心だったそうです。

質問した人からのコメント

2010/5/15 21:00:06

感謝 丁寧な回答ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tin********さん

2010/5/1515:48:01

皇居に居ましたよ大本英あるしね

gom********さん

2010/5/1421:57:28

別にどこにも行かれておりません。 皇居です。
御前会議など、しょっちゅう開かれておりましたから。

防空壕などは在ったと思いますが。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる