ここから本文です

シクロクロス700×31Cをはいています。チューブ交換をした際に・・

rem********さん

2010/5/1612:42:05

シクロクロス700×31Cをはいています。チューブ交換をした際に・・

チューブが破裂しました。
チューブのサイズは700×23-28Cです。
よくメンテナンス本に書いてあるように、『チューブがタイヤのビードに噛まないよう』十分注意しましたが、
空気圧3.0位で(いつもは5.0で適正)チューブが破裂しました。
そこでお尋ねしたいのですが、31Cのタイヤに23-28Cのチューブは太すぎるのでしょうか?
また、他に何か破裂の原因があるとすれば何なのかを教えて下さい。
素人ですので、優しくお願いします。

補足2件ご回答いただいた後に補足させていただきます。新車購入時に標準でついていたのは、34Cのタイヤに18-25Cのチューブです。それをタイヤ31Cでチューブを23-28Cにしているのですが。

閲覧数:
1,084
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

Kentさん

編集あり2010/5/1617:12:32

yuna_kuromineさんのおっしゃる通りだと思います。
もともと太さ28mmまでしか膨らませられないチューブを、むりやり31mmまで膨らませてしまったので破裂したんでしょう。
チューブが細すぎる場合よりは、チューブが太すぎる場合の方が、無事に使える可能性は高いそうです。

【追記】
う〜ん、そりゃまた、標準は恐ろしい組み合わせでしたねぇ。
今回は、タイヤとチューブを同時に交換したのでしょうか?
お使いのタイヤとチューブの銘柄を挙げてみれば、物によっては高圧に強い物やそうでない物もありますので、詳しい人が教えてくれるかも知れません(私はクリンチャータイヤは専門外ですので)。
それにしても、3気圧くらいで破裂というのは、なかなかあるモンじゃないと思いますが。

作業中のミスというのも結構あって、チューブがタイヤのビードとリムの間に噛んでいなくても、タイヤレバーでチューブを傷付けてしまうという事もよくあります。

結構長く乗っている自転車の場合、リムのフラップが傷んでいて、パンクの原因になっているという事もよくあります。

あとは、単純にたまたま運悪く不良品のチューブに当たってしまった、なんていう可能性もゼロではありませんが、なかなかそれを証明するのは困難です。

質問した人からのコメント

2010/5/16 19:50:45

驚く 補足にも対応いただき、本当に有難うございました。他の皆さんも、有難うございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kap********さん

2010/5/1617:57:38

教えてもらった方法ですので、正しいかどうかは分かりませんがご参考までに。
もしタイヤレバーを使われているのであれば、レバーは知らないうちに
チューブを傷つけている場合がありますので、手のみで作業されてはどうで
しょうか。組み付けたビートをリム内に落とし気味に作業していけば、
反対側に多少余裕が出て最後の組み付けが多少やりやすくなる
かと思います。
また、空気を入れる場合も一度に入れず、膨らむ程度に入れたら一旦空気を
抜いてタイヤを全体に揉んでみるのも手かと思います。
また、リムテープも確認されてはどうでしょうか。
自分のPOPRADも34Cに18-25Cがついていました。
TREKもどういう意図なのかな?

mas********さん

2010/5/1614:34:17

チューブ交換の際にチューブを傷つけたんじゃないかな。
確かにサイズは適合していないが、それですぐに破裂するものでもないし。
常用空気圧が5気圧はちょっと低いかもね。

yun********さん

2010/5/1612:54:10

チューブが太いのではなく、細いです。
チューブがの太さの範囲内に31Cを含む物を購入してください。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる