ここから本文です

なぜ日本のGDP発表は他の国より遅いのですか?

(●^┰^●)ゞさん

2010/5/1913:52:21

なぜ日本のGDP発表は他の国より遅いのですか?

明日日本の1-3月期のGDP一次速報が出ます。
他の国はすでに出揃っています。
なぜ日本はこんなに遅いのですか?

閲覧数:
366
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dmi********さん

編集あり2010/5/2301:43:06

■国際的に見ればそれ程遅い方ではないのでは・・・

日本のGDP速報(1次)は通常対象四半期終了後1ヶ月と2週間程度で公表されていますが、これは国際的に見てそれ程遅い方ではないと思います。
もちろん、我が国よりも早い国はあって、アメリカ、イギリス、韓国、中国は1ヶ月以内に公表されます(中国のGDP統計の精度を主要先進国と並べて論ずることは出来ないと思いますが)。OECDの資料によれば、45日程度と日本と同じくらいの国がオーストリア・フランス・オランダ、日本より遅い45~60日程度の国がカナダ、デンマーク、ドイツ、メキシコ、ノルウェイ、ポーランド、スペイン、スウェーデン(まあカナダは月次GDPを公表しているので別格ですが)、60~75日以内がオーストラリア・ベルギー・チェコ・フィンランド・ギリシャ・ハンガリー・アイスランド・イタリア・ポルトガル・スロヴァキア・スイス・トルコ、75日~90日以内がアイルランド・ルクセンブルグ・ニュージーランドです。
http://www.olis.oecd.org/olis/2009doc.nsf/LinkTo/NT00006A5A/$FILE/J...
Table 1参照

■GDPの公表タイミングは基礎統計に依存

GDPは、経済全体にわたる様々な基礎統計を収集し、それらに基づきあらかじめ定められたプロセスに従って推計する「加工統計」ですので、GDPをどのくらいのタイミングで公表出来るかは、GDPの推計に必要な基礎統計がどのくらいのタイミングで公表されるかに決定的に依存します。
また、GDPの公表時期を早めれば早める程、取り込める基礎統計の量は少なくなり精度が低下しますから、「速報性」と「精度」は一般にトレード・オフの関係にあると言えます。このため、とりあえずの情報で早めに1次速報を出し、その後改めて2次速報(日本の場合は2ヶ月と10日程度後)を出すというような工夫が行われています。

■日本のGDP速報はもっと早くすべきか

精度が落ちてももっと早く出して欲しいか、精度が落ちるくらいなら今のままで良いか、意見は分かれると思います。現状でも1次速報から2次速報への改定幅や2次速報から年末の確報への改定幅もかなり大きいので、これ以上精度が落ちるのはかなわないという声も良く聞かれます。景気判断等は通常GDP速報を待つまでもなく、IIPや短観といった原データを子細に検討することによって行われますから、GDPの速報性を余り追求しても仕方がないのかも知れません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

jus********さん

2010/5/1915:33:02

なんとなくです、なんとなく。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる