ここから本文です

☆お礼100枚☆ 交通事故の慰謝料についての質問です。

sad********さん

2010/5/1922:02:45

☆お礼100枚☆
交通事故の慰謝料についての質問です。

2009年8月14日、信号待ちで停車時に後ろから追突され、100%相手の過失です。

総治療期間 230日
通院日数 109日


治療費 ¥588.863-
休業補償 ¥626.911-
交通費等 ¥10.092-

で、慰謝料は¥626.911-と本日案内が来ました。

これは妥当な金額なんでしょうか?
(後遺障害は別途申請中です)



ちなみに
相手の保険会社の対応は悪く、不満がある。
また、事故のせいで家族旅行を中止した。

という経緯があります。


私としては 109日×2×4200円=915600円プラス迷惑料で100万くらい欲しいところなのですが。


初めてで全く分からないので、是非ご指導をお願いします。
お勧めの交渉の方法などもお願いします。

閲覧数:
200
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

suk********さん

2010/5/1923:31:08

慰謝料の計算はこちらから↓
http://www.asahi-net.or.jp/~zi3h-kwrz/law2consocalj.html

>事故のせいで家族旅行を中止した。
・明確な損害(キャンセル料が発生した)があれば別途請求出来ます。

※相手の提示額を上げる交渉ではなく、こちらからは地裁基準(弁護士基準)で提示して譲歩して、間を取るというやり方の方が、
慰謝料の増額はしやすいです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

jik********さん

2010/5/2013:15:30

230日は、7ヵ月+20日と読み替えます。
7ヵ月は、70万6000円、
20日は、(76万9000円-70万6000円)÷30日×20日=4万2000円、

手元の任意保険慰謝料表では、74万8000円となります。
62万6911円なら、12万1089円の払い渋りです。

H10-4-1、自動車保険は自由化され、それまで適用されていた統一保険料率、統一支払基準は破棄されたのですが、保険屋さん各社は、従来の統一支払基準を自社で印刷、ホンの一部は手直しされていますが、根幹部分は昔のままで、12年を経過した現在でも、これを弊社の基準と説明して運用しています。
これに対して、H14-3、東京地裁民事27部=交通事故専門部 河邉義典総括判事は、任意保険会社としては、地裁基準の腹8分目で支払うべきと提言していますが、保険屋さんは、現在も、無視し続けています。

私の計算は、12年前の統一支払基準ですから、これよりも低いとなると、これは露骨な払い渋りとなります。

余談ですが、H13-12-26東京地裁判決、
平成13年(ワ)2087号を紹介しておきます。
「一般に、加害者の示談交渉を代行し、交通事故を専門的かつ継続的に担当する損害保険会社の担当者は、被害者に対して合理的な損害賠償の算定方法について十分かつ丁寧な説明をなし、その根拠資料を示して、被害者の理解を得るように真摯な努力をすべきであって・・・・・」
東京地裁民事27部の渡邊 一義裁判官は、保険屋さんの被害者に対する義務について、実にハッキリ、キッパリと指摘しています。
あえて、判決で指摘されなくても、常識で分かることなのですが?

上記の計算式を示し、猛然と反論してください。

本件では、治療費+休業損害で、自賠責保険の限度額、120万円を突破しており、自賠責保険支払基準の適用はありません。

以上です。

交通事故110番 宮尾 一郎

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる