ここから本文です

留置権の問題について

kam********さん

2010/5/2000:33:43

留置権の問題について

建物の賃借契約における賃借人Aは、留置権に基づき建物の返還を拒否している場合に、
当該建物に引き続き移住した時、それによる利益(賃料相当額)は返還しなければならない



と言う問題です。


質問文を簡単に教えてください。

答えは、○なのか×なのか?

民法何条が使えるのか?



法律初心者ですので、全くわからない文が多くてすみません。

閲覧数:
105
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

o0o********さん

2010/5/2003:04:17

○です。
留置物は、保存行為であれば、それを利用するのに承諾は不要です。
298二項但書。

建物に居住することは、保存行為に当たり、承諾は不要ですが、
賃借人は、不当利得として、賃料相当額を返還しなくてはなりません。

現実問題としては、留置権の被担保債権と相殺することになるでしょう。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる