ここから本文です

新体操の経験者の方、指導者の方に質問です。 腰を後ろにそらすストレッチで、脊...

mam********さん

2010/5/2600:35:28

新体操の経験者の方、指導者の方に質問です。
腰を後ろにそらすストレッチで、脊椎を痛めることはありませんか?
ストレッチの方法をみて、正しい方法かどうかを見極めることはできますか?

4歳の娘が新体操を始めました。
初めてのレッスンから、腰を後ろにそらすストレッチで、
先生がうつぶせの娘の両腕を後ろから持ち上げ、
頭をお尻につけるように力をかけています。

子供は「背中が痛い」と泣いており、先生は、
「痛いはずがない。怖いと痛いを間違えているだけ。」
「身体の具合を見ながらやっていますから大丈夫。」
とおっしゃっていました。

母親の私は素人なので、先生を信じてお任せしていればいいのか、
初めから無茶なストレッチをしすぎているのかが判断できません。
(柔軟は、徐々に時間をかけてするものだと思っていました。)

大丈夫とおっしゃる先生にこれ以上質問もしにくいですし、
娘が少々泣いたからといって、簡単に辞めさせることもはばかられます。
ある程度の柔軟性を身につけてもらいたいと思っています。

が、一番心配なのは、幼稚園児の時から腰を痛めてしまうことです。
指導方法の見極め方がわかりましたら、教えてください。
よろしくお願いいたします。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
6,344
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yul********さん

2010/5/2802:58:20

微妙なところだと思います。。
私も新体操を小学生から高校までずっとやっていました。
確かに、柔軟性を高めるために、自分が出来る許容範囲よりもコーチからぐいぐい押されたりして、小学生の頃は泣きながらやっていて、柔軟の時間が大嫌いでした(笑)

でも、腰を思い切り反らせたりしたあと、逆方向に曲げたり(後ろに反らした後だったら前屈ですね)して腰を戻したり、腰のマッサージは念入りにしてました。
私も今指導しているクラブでは、柔軟の時間はそれぞれの子供が出来る許容範囲よりも結構強く押したりしてます(;^_^A
が、特に腰の柔軟の後はすぐ前屈させたりマッサージを子供同士させたりしていますよ。

「痛いと怖いを勘違いしている」ってゆーのは、、、
そのコーチの方、どーなのかな。。と思います。
多分痛いんだと思います…

でも新体操は、普通の競技より、かなりの柔軟性が求められる競技なので、そこをお母様はちゃんと理解して頂ければと思います。
並大抵の柔軟性ではやっていけませんので、幼いころからかなりハードなトレーニングが必要です(>_<)
逆に体が大きくなってからのほうが、痛めやすくなります。
小さい頃の方が関節とか筋が出来上がってなくて、軟らかいので。

その上で心配なら病院に行って見てもらったり、整骨院などで自宅で出来るマッサージを教えてもらったらどうでしょうか?

あとはまだお子さんは4歳ということなので、他のクラブに見学に行って、体験させてもらったり、出来そうなレベルのクラブに入り直すのも手だと思いますよ!
もし今通っているクラブが結構有名なクラブだったり、試合にたくさん出ているようなクラブなら、小さい頃から本格的なトレーニングをさせると思いますので…
新体操ではなく、体操教室とか。。

質問した人からのコメント

2010/6/1 13:50:56

降参 回答してくださった皆様、ありがとうございました。参考にさせていただきます。yulily0718さんは、経験者であり指導者であるとのことですので、ベストアンサーに選ばせていただきました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

aja********さん

2010/5/3100:35:02

今見たら素人ばかりが回答されてますからプロに直接聞くかインターネットで調べたが良いです

nip********さん

2010/5/2611:27:25

微妙なところですね

科学的なトレーニングが有効なことは言うまでもありませんが、ある程度、歯を食いしばる、無茶をやるという経験は必要だと思います。

病院に行ってCTなどで検査してもらうとよいかもしれません。

psy********さん

2010/5/2610:41:25

こりゃ、どう見ても間違ったやり方ですね。というか、スポーツ科学・医学の観点からありえない危険なやり方です。トレーニングは科学です。気合でやるものではありません。

ただの虐待です。アメリカでは科学的根拠に基づかないトレーニングは訴訟の対象になります。

ストレッチは年単位でしていくものですから、こういうやり方は、骨・関節・筋肉・靭帯など、様々な部位のケガのリスクが高まります。というか、成長期に関節を傷めるような過度な負荷をかけると、関節部分にある成長骨を傷め成長(伸びるの)を妨げます。


それから、子どもの気持ちが読み取れていない時点で指導者失格です。注射じゃないんだから、「怖いと痛い」を間違えることなんてないでしょ。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる