ここから本文です

酒・ビール・焼酎・ウイスキー どれが体に一番悪い?

ksy********さん

2010/5/2621:19:29

酒・ビール・焼酎・ウイスキー どれが体に一番悪い?

私はビール党で四季を通してビールを飲んでいましたが、最近の不景気で小遣いも減り
安い大びんの焼酎に変えようと思いましたが、家内が“焼酎は体に良くないのでは”と言います。
どのアルコールが悪いなんて事は有りますか。

閲覧数:
63,218
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2010/5/2621:44:31

酒(アルコール)自体、百薬の長と言いますが、まさに適量であればその通りかと思います。
ビールをいつも飲まれていたということですが、ビールには、プリン体といい、激痛(のたうち回るほどの痛み)を伴う
「痛風」のもとになる成分が多量に含まれています。 そのプリン体は魚介類、肉類にも多く含まれていますが、一般的に
血液検査で引っかかる尿酸という物質に形を変え病気の原因となります。
もちろんプリン体はワインや日本酒にもいくらか含まれていますがビールには特に多く含まれています。
また、日本酒ですと、糖度が高く飲み続けると糖尿病の一因となります。 中世の日本の貴族などは、朝から日本酒を飲みながら宴を催しその多くが糖尿病を発症したと言われています。 ですから、ビール=プリン体~高尿酸血症、日本酒=糖尿病、脳血管障害、となります。 一方、焼酎ですが、そのプリン体を含みませんし、糖度も低い(無論アルコール自体糖分ですが。)ため、痛風や糖尿病を発症しにくいと言われています。 ですからビールは栄養価も高くうまいですが、適量にして焼酎で酔いを楽しむということをお薦めします。 焼酎ですと物足りなくなるかと思いますが痛風や脳血管障害、心筋梗塞を予防できることで、時々ビールやワインウイスキーを楽しむことも一つの飲み方です。 いずれにせよ過度の飲酒は尿酸値を上げ、血管にもよくないことは周知の事実です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mac********さん

2010/5/2621:29:16

焼酎は体に良くないかはともかく、芋とかを蒸留して作るのでカロリーは高いんじゃないでしょうか?
あと、体に悪いアルコールというのはあります。
正確に言えば、肝臓で分解しにくいので悪酔いや二日酔いをしやすい種類のアルコールを含んだ酒はあります。焼酎にはそういった分解しにくいアルコールは少なく、そういう意味ではむしろ体にいい部類かと。
ですが、どんな酒でも飲みすぎは禁物ですよ。

2010/5/2621:22:28

え~?焼酎が身体に悪いって言う人を初めて聞きましたよ~。「酒は百薬の長」といいますからアルコールが身体に悪いというのはありませんよ。飲みすぎるから身体に悪いのであってね~。どれが悪いなんてないですよ~。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる