映画館は暗い中で見るのに、 なぜ部屋のテレビは「明るいところで離れてみましょう」という 注意書きがあるのでしょうか? テレビを映画館と同じようにして

映画館は暗い中で見るのに、 なぜ部屋のテレビは「明るいところで離れてみましょう」という 注意書きがあるのでしょうか? テレビを映画館と同じようにして 暗い中で見るとなにか危ないんでしょうか…?

4人が共感しています

ベストアンサー

17

この注意書きがでるようになったのは「ポケモンショック事件」からです。 ポケモンの放送で激しい光の点滅を見た子どもたちが体調不良となり、 何人も病院に運ばれました。 これ以後、強い光の点滅の映像は規制され、 アニメ放送ではこの注意書きが一緒に放送されるようになりました。 それでは、テレビと映画についてお答えします。 テレビは光を直接見ています。 映画はスクリーンに映した光を見ています。 直接見たほうが刺激が強いので、目が疲れます。 だから、テレビはなるべく離れて見て欲しいのです。 簡単に例えれば、 太陽をそのまま見るのと、薄い紙を通して太陽を見るのとでは、 明らかに後者のほうが見やすいですよね。 ここでいう太陽がテレビ、薄い紙がスクリーンです。 それでは、なぜテレビは明るい部屋で見なければならないのか。 それは、人の目は暗い場所は良く見ようとしてしまうからです。 例えば、部屋の電気を消した瞬間は真っ暗で何も見えなくても、 数分経つと部屋の物が見えてくるようになりませんか? これは目が暗い場所に順応しているんです。 そんな状態でテレビを見てしまえば、目にもの凄い刺激を与えるでしょう。 なので、暗い部屋でテレビを見ることは好まれないのです。

17人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさんご回答ありがとうございます! とてもスッキリしました。 BAは迷ったのですが、一番個人的にわかりやすかった方に差し上げたいと思います。

お礼日時:2010/6/12 22:00

その他の回答(3件)

0

もう「ポケモンショック」を知らない世代がでてきてるのかー。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%82%B1%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%82%AF 実は映画も危険。ただ「光過敏性発作」の症状がある子供をつれて映画に見に行く親がいればそれは虐待だが。 ----- 追加: テレビのアニメは低予算、短期間製作なのでポケモンショックの起こったいわゆる「パカパカ」(赤と青とか白と黒をくりかえす)ていうのを多用してた。それが特に多かったのを食い入るように見てた人が多いのがポケモンショックの回と言うわけ。 映画のアニメになるともうちょっとまともに作るので意外とパカパカが少なかったりする。洋画とかでも画面全体をフラッシュさせたりというのは少ないわけね。

3

テレビは画面が光って映像を出しているのですが、映画はスクリーンに光を当てて反射したものを見ているので、回りにも光を当てると昼間の月のように見にくいのです。

3人がナイス!しています

1

映画館のスクリーンは大変暗いので、周囲が明るいと画面が見えないから暗くしているのです それに比べテレビは日中でも明るく見えるほど光っているので、まわりが暗いとテレビの小さな画面を凝視する結果目が疲れます 周辺を明るくすると、視野に全体が入って疲れないのです 真っ暗闇でテレビを見るとよく分かります

1人がナイス!しています