ここから本文です

石北本線の高速化は1旭川上川間の高速化、 2北見峠の高速化、3遠軽駅のスイッチ...

sen********さん

2010/6/1418:27:33

石北本線の高速化は1旭川上川間の高速化、 2北見峠の高速化、3遠軽駅のスイッチバックの解消、 4新常紋トンネルの建設、5北見網走間の高速化が必要とされていますが、建設されるかどうかは分かりませんが、

高速化されるとすれば;1から5のうちどれから着手されるのですか?

閲覧数:
952
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tak********さん

2010/6/2000:15:09

高速化の実現性は限りなく低いのですが…
私見ですが、着手順としては1→3→2→4で、5は可能性ゼロと思います。ただし3は地元の同意が得られればという大前提です。
高低が少なくトンネルや架橋の少なさから1が最初、4の費用に比較すると2の方が安価かな?、3は遠軽町の町の形成上、新駅建設地は豊里地区となりますが、現駅前商店街が猛反対するでしょうね。
また、基本的な都市間交通は札幌=北見なので5は論外です。そもそも特急の終点網走はおまけみたいなものです。北見=網走間を高速化するには、物理的に美幌経由を止めなければなりません。現路線のまま路盤強化をしても、美幌を経由しない自動車の方が速く優位性は認められません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tam********さん

2010/6/1420:20:41

実は、石北線は高速化工事を行わなくても、新車投入だけで十分な時間短縮が可能です。
現在の特急オホーツクは最高速度110km/Hのキハ183系0番台での運転で、札幌-旭川間に1時間35分を要します。これを最高速度130km/Hのキハ261系に置き換えると、この区間はスーパー宗谷と同じ1時間22分、13分短縮が可能です。
また、エンジン出力の高いキハ261系は、石北、常紋の峠の登り坂でスピードアップが期待できます。
これらにより、現在4時間20分の札幌-北見間が4時間を切ることは可能でしょう。

shi********さん

2010/6/1420:00:21

例えば、スーパー宗谷1号は札幌→旭川を1:22で走ります。
オホーツク1号は同区間を1:38です。

単純に札幌までの到着時間を短縮するのには、車両の交換だけでも15分くらいの
効果があります。

極端な話、オホーツクの札幌~旭川間は廃止して、
小樽・新千歳空港→札幌→ノンストップ特急→旭川/旭川→オホーツク→網走
こんな連絡様式にしたほうが都市間距離は縮まると思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる