ここから本文です

順手と逆手でチンニングをした場合の使う筋肉の違いについて、教えてください。

qoq********さん

2010/6/1711:58:19

順手と逆手でチンニングをした場合の使う筋肉の違いについて、教えてください。

私がチンニングをしている時の感覚では…

順手のワイドグリップだと、広背筋肉に1番、よく効いて、
順手のナローグリップだと、う~ん…どこだろう?
逆手のナローグリップだと、上腕二頭筋、脇の下辺り(?)の筋肉

皆さん、どうですか?
あと、逆手のナローグリップでチンニングをした翌日は、上腕二頭筋を鍛えるためのダンベルカールは超回復のためにやめた方がいいでしょうか?

閲覧数:
1,603
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cof********さん

2010/6/1712:05:37

だいたいその感覚で合っていると思いますし、後は使う筋肉を意識することだと思います。
順手のナローグリップ、逆手と大して変わらないでしょうが、私の場合は胸の上あたりに自然と力が入りますね。

ちなみに、翌日どうするかですが、私の場合、そもそも「ウェートをやる日」と「ウェートを一切やらない日」に分けています。経験上、そのほうが腕も足も太くなります。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる