ここから本文です

長期優良住宅の屋根形状について。

cle********さん

2010/6/2011:17:09

長期優良住宅の屋根形状について。

長期優良住宅に関して精通されている方のみのお答えでお願い致します。
現在、長期優良住宅を建築しようと思っています。
2階の屋根は5寸勾配のコロニアルもしくは鋼板葺きで設計プランしているのですが、1階の屋根(約100㎡)を陸屋根で考えています。
①防水の素材は シート防水で可能でしょうか?
②勾配は最低何寸必要でしょうか?

なるべくパラペットの立ち上がりを作りたく無い(外観上薄い形状・モダンな感じ)ので・・・・・。

設計経験や実際に建てられた方からの返信お持ちいたします。

閲覧数:
1,291
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kai********さん

2010/6/2013:00:38

こんにちは。
1階の屋根部分が100㎡(約30坪)もあるなんて
2階は一体何坪あるんでしょう。
ベランダで勾配の低い場合はFRP防水が一番で
勾配は1/100でよいです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

福味 健治さんの写真

専門家

2010/6/2014:33:39

大阪で設計事務所をしています。

長期優良住宅には屋根形状の制約はありませんが、10年保証制度の「住まいまもり保険」等で陸屋根の面積制限があった様に思います。100㎡では保険が下りないかと・・・
シート防水ではなく、折板屋根・瓦棒葺き等で屋根を造りますと、一応勾配屋根の扱いを受けるかと思います。意匠上どこまで薄く見せられるかデザイナーの技量が問われますね。

専門家プロファイル 専門家プロファイル(外部サイト)

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる