ここから本文です

アスペルガー症候群大人

mar********さん

2010/7/602:06:36

アスペルガー症候群大人

最近、主人がアスペルガー症候群ではないかと疑っています。
40歳の主人が躁うつ病を発症しました。
主人はもともと自己中心的な性格で、思ったこと後先考えずに行動に移してしまう
ところがありました。
空気が読めないところもあり自分の気に入らないことがあったり、気分が乗らないと終始
仏頂面で周りが気を遣います。
洋服や、食事に行く店もいつも同じ店ばかりでこだわりも強いです。
外食は別ですが、手料理などは心を許した人が作ったものでないと口にしません。
人へのこだわりも強く、友達の奥さん、彼女、兄の嫁、近所のおばちゃんなど
自分のタイプにハマる女の人なら携帯や自宅にためらいもなく電話をかけまくります。
そして、自分の想定外のことが発生するとパニックになり暴れて大騒ぎになります。
(ちなみに運動神経はとてもよく、字も皆が驚くほど美しい字を書きます。)
モラハラでもあり、何かトラブルを起こすたびに私のせいにしていままで来ましたが、
このたび躁うつ病を発症したことで主人の不貞行為や借金問題が明るみに出て
私としては離婚を考えています。
主人は現在実家に戻り仕事も休んで療養中で精神科にも通っています。
精神科では躁うつ病に人格障害、発達障害と言われましたが本人は知らされていません。
診断を受けてもらって本人に自覚させるべきなのでしょうか。
またそうすることで40歳からでも自分の感情と行動を少しはコントロールできるようになるのでしょうか。
離婚後の事を考えると主人の事も気にかかりますし、私たちの身に危険が及びそうで踏み切れづにいます。
そして何より子供たちへの遺伝を心配しています。(今のところ気になりませんが・・・)
大人のアスペルがー症候群、精神疾患について詳しい方の見解をお聞きしたいです。
よろしくお願いします。

閲覧数:
29,862
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pow********さん

2010/7/609:54:23

アスペルガー症候群の二次障害として、欝などがあります。
原因は、「理解出来ない」「わからない」など、自分で考えても解決できないもどかしさが欝を発症させます。

まずは、欝の治療を受けて、落ち着いた所からアスペルガー症候群のサポートが理想です。
また、医師がアスペルガー症候群の知識が豊富であれば、ある程度の指導も行えますが限界はあります。

アスペルガー症候群で大切な事は、アスペルガー症候群の特性、本人の特性を理解することから始まります。特に本人の特性がポイントになります。人それぞれの特徴がアスペルガー症候群にあり、平均した特性を当てはめてもはまらない場合があります。
例えば運動神経も良さなどですね。アスペルガー症候群の特性としては、確かに運動音痴などと書いてはいますが、人によっては素晴らしい場合もあります。これが、本人の特性です。

感情のコントロールは、本来想像が苦手なため、感情コントロールは、仕方を学習するしかありません。
例えば、小さなお子さんが知識がない場合、「こんな時はこうするのよ」と母親は教えますね。この内容と変わりありません。
複雑に入り組んだ問題などは、脳の中で整理整頓が俊敏にできないため、時間がかかるか、分からに場合ばあります。

常識が身につきにくく、社会生活でいろんな問題を起こします。
年上の女性が好き、少年少女が好きなどですが、年上の女性の場合は「依存+安心」少年少女の場合は、特に難しい事を考えなくても話しや遊びができることが「安心」に繋がっているからですね。
問題が起きて、無口になるのは「わからない」「理解出来ない」場合に起きる表情です。
言葉で理解出来ない場合は、紙に箇条書きにして見せると理解できます。(長い文はダメ)

会話も、感情が入った言葉でのやりとりはダメです。感情が読み取れないので、事務的な短い言葉、例えば○○ですね。わかりますか。などですが、夫婦でこんな感情がない言葉使いは嫌でしょうが、理解してもらうためには仕方ありません。

将来のこと
このようにアスペルガー症候群の方の特性と本人の特性を考えると、お子様の全て、旦那さんの全てを一生面倒をみなないといけません。
日々矛盾と立ち向かえる知識と感情を失った会話や生活は辛いものがあります。
福祉施設に働く職員などは、発達障害の方たちとの会話は、他人から見るとそっけない言葉に感じますが、これが一番伝わる言葉なのです。

遺伝については、旦那さんがアスペルガー症候群の場合、高確率で発達障害が遺伝しますが、高確率であって全てとは言えません。また、お子様が小さいとその症状も現れにくいで気づかな場合もあります。
アスペルガー症候群だからアスペルガー症候群が遺伝するわけではなく、発達障害の何かが遺伝として出ます。

以上のことから、途中でアスペルガー症候群がわかった場合、問題が起きた場合は「離婚」は賛成です。
普通に個性の範囲で済まされるのであれば、離婚は考える必要はないのですが、問題が起きるようでしたら考えて当然です。

離婚をするにあったても、アスペルガー症候群があるために、堂々巡りが想像できますので、初めから弁護士を立てておくといいですね。あなたの旦那さんとの折衝は前向きに進む事はありません。
ただし、発達障害、精神疾患を条件にした離婚は認められませんので、あくまでも性格の不一致として処理されるといいですよ。
(弁護士には、全て話すこと、ただしアスペルガー症候群の事を理解している弁護士は少ないので、発達障害者支援センター、弁護士会館などで、わかる弁護士を紹介してもらう事をおお勧めいたします)

質問した人からのコメント

2010/7/7 23:52:05

降参 ご意見ありがとうございました。結婚して15年何度も同じことの繰り返しで、なぜ私の気持ちをわかってくれないのだろうと悩んできました。今回精神科を受診したことでアスペルガーへとたどりつきましたが、すでに3か所の病院から扱いづらい患者だと匙を投げられています。主人と今後どうするかはまだ決めかねていますが、家族と相談して少しずつ解決していこうと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

lem********さん

2010/7/720:04:29

どうして診断結果をご本人に教えないのでしょう。人格障害なども本人に伝えるケースは多いですし、四十歳といい大人なので把握すべきだと思います。アスペルガーだから不貞や借金をする、というのは考えにくいです。もしアスペルガーだとしても、不貞、借金はアスペルガーのせいではありません。私は最近、アスペルガーだと診断されましたが浮気もしませんし、借金はよくないことだと知っています。問題は人格障害ではないでしょうか。
発達障害といってもアスペルガーだとはいわれていないのですよね?大人になると診断はむずかしいようですが、離婚を考えていてもまだご主人の事が気になるようでしたら、全てを話し、病院をすすめてみてはいかがでしょうか。発達障害ならば、なんの発達障害なのか、なんの人格障害なのか、それがわからないかぎりアプローチはむずかしいと思いますし、逆にわかればアプローチ方がはっきりして、周りの人は接しやすくなると思います。

a_f********さん

編集あり2010/7/610:14:02

人格障害なんぞ簡単に診断する医師は信用できません。

セコンドオピニオン掲示板カルテルーム
http://mental.hustle.ne.jp/pub/nkarte.cgi?logno=231
>この世に人格障害など存在しません。物事をいちいち理解できない連中が、「病名のくずかご」としてでっち上げた病名です。

ましてや発達障害なんて確実に診断できる医師は少ない(全国で数百人程度)多分あてにならないと思います。
どうしてもなら正規のルート、お近くの発達障害者支援センターで確定診断のご相談をしてみたらいかがでしょうか。最低受診まで数ヶ月待ちですが。
まあこんなおバカ病院からさっさと転院することをお勧めします。

正規ルートを踏んでいないでああだこうだ、もう離婚なんてストレートに考える質問者様も考えものです。頭を冷やしてください。

n_e********さん

2010/7/609:54:36

迷いや複雑な気持ちがあることは理解しますが
あなた自身の目的を絞ることが必要だと思います。
そうでないと廻りも手助けのやりようがありません。

離婚するのであれば、離婚後相手がどうであろうとあなたには関係が無いこと
治療という観点でいくならば離婚はとりあえずナシです。

途中で方向性が変わる(気がかわる)ことは仕方ありませんが
最初からとっちらかった考えを撒き散らしても前には進めません。
1つ方向性を絞ったら、その他の迷いは捨てるという"覚悟"が大事です。

ちなみに躁うつ病も人格障害も発達障害もどれも医者が治すような病気ではありません。
医者が3つの病名を同時に診断として使ったとはとうてい思えず、可能性があるとか~のような状態とか"但し書き"
がついてるとは思います。

躁うつ病は精神病ですから精神科の治療の対象ですが、基本的に治るものではありません。
人格障害と発達障害はどちらも障害という名前が付きますが病気ではなく性格のことですから
コレ自体は治療の対象ですらありません。

男性側にDVがある場合、女性が本気で別れたければいくつかの手段があり
女性センターなどに相談すると良いです。
安全に別れること自体さほど難しくはありません。
難航するのは多くの場合、女性側が"別れることで必然的に失うものがある"ということを受け入れられない
つまり、覚悟ができないということに尽きます。

子供たちへの遺伝はいまさら気にしても始まりません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる