ここから本文です

外国人に対する地方参政権の付与について

cup********さん

2010/7/719:08:23

外国人に対する地方参政権の付与について

憲法15条では公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である。
とあります。
同じく93条では地方自治について地方公共団体の長、その議会の議員及び法律の定めるその他の吏員は、
その地方公共団体の住民が直接これを選挙するもの
ここでいう国民とは国民主権の原理からすれば地方公共団体の区域内に住所を有する日本国民を意味するものと考えるのが妥当ですよね?

永住外国人は日本国民ではないにしても,その居住地域と密接に関係している住民なのだから地方参政権くらいは与えられて然るべきという主張は憲法上は認めらないと解釈してもいいのではないでしょうか。

にもかかわらず最高裁は外国人の地方参政権の付与は正当であるとの判決を示しました。
なぜこのような判決が出てしまったのでしょうか?

閲覧数:
285
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dok********さん

2010/7/719:17:25

平成7年の最高裁判決で外国人参政権は違憲判決が出されました。あくまでも外国人参政権は憲法違反です。傍論はあくまでも裁判官の感想であって、判例拘束力はありません。外国人参政権はあくまでも違憲なのです。

平成7年の最高裁判決が永住外国人への地方参政権(選挙権)付与に関し、判例拘束力のない「傍論」部分で「憲法上禁止されていない」との判断を示した問題で、判決に加わった園部逸夫元最高裁判事は18日までに産経新聞に対し、「(在日韓国・朝鮮人を)なだめる意味があった。政治的配慮があった」と明言した。

さらに判決に際し、地方参政権付与の対象者について「(在日韓国・朝鮮人ら)非常に限られた永住者に限定する」ことを想定したとし、民主党などが「一般永住者」にも与えようと検討していることを「ありえない」と批判した。産経新聞紙面(切り抜き)2月19日朝刊(1面)/写真は産経新聞の同記事より 最高裁元判事も「あり得ないこと」と指摘

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

dag********さん

2010/7/720:07:37

傍論が意味を持たず判例なら意味を持つ?
この国じゃしょっちゅう判例変更あるぜ?

当然意見が附されているってことは変更の可能性ありってことだよ。

外国人の地方参政権の付与ってのは在日といわれる人の特殊性にあるんだと思う。

要するにあの人たちは日本人なわけ。韓国籍ってのは名前だけ。結局韓国にかえることはない。税金だって日本ではらってる。
それにもと日本の占領国だぜ?戦争に負けたからアメリカとロシアに持ってかれたってだけで元領土。
現に在日差別はあるし心情的な部分だってある。が彼らの母国は間違いなく日本だよ。だいたい日本語しか話せねぇやつおおいじゃん。
沖縄は返還されたよね。もしアメリカが返してくれなかったら本国にいる沖縄人は外国人ってことになる。そりゃやっぱりおかしいと思うわけ。

いろんな歴史認識や意見はあるとおもうけど、参政権付与どうこうよりまず在日特権をなくすべきだと思う。そして韓国籍のまま日本に永住を認めることも時限的にすべきだと思う。
今の常態は間違いなく不健全だ。

参政権付与はそれから議論を始めるべき。不健全な状態では不健全な答えしか出ないよ。どっかにしわ寄せ来るもん。

それから参政権付与は違憲でははないと思う。

だって芦部先生がそういってるし。

憲法問題はほかの誰が違憲だどうこう言ってようが芦部先生がいってるんだから合憲でしょ。

それから帰化すればいいってのはちょっと安直過ぎねぇ?

cle********さん

2010/7/719:16:25

>にもかかわらず最高裁は外国人の地方参政権の付与は正当であるとの判決を示しました。
出ていませんよ。
判決は、「外国人に参政権を付与することは、憲法違反である」です。

貴方が気にされている文面は、おまけとして判事が勝手に言っただけです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる