ここから本文です

無線機に詳しい方。 受信機、レシーバーのアンテナ自作について質問です。 マルハ...

欲しがりません勝つまではさん

2010/7/812:32:28

無線機に詳しい方。
受信機、レシーバーのアンテナ自作について質問です。
マルハマのマルチバンドハンディレシーバー、RT-570Sを使っています。
感度的に野外では「少し物足りないかな」と言うくらいですが、
画像を見て頂くとわかるとおり、コネクタとアンテナのつなぎ目が抜けてしまいました。

主に車で聞いている為、この際ケーブルで車外に出し、アンテナを自作しようと考えています。

主に聞いているバンドは
アマチュアバンド144、430MHz帯、消防等の144、430MHz帯に比較的近い周波数帯を聞いています。
他のバンドも聞かない事は無いですが、最低限上記の周波数帯が聞ければよしとします。

アンテナとケーブルを買えば早いですが、作りたいのです。
近くにハムショップ等は無いので、材料はホームセンターで買える物がいいです。
レシーバー側のコネクタは既存の物をばらして使おうと考えています。

アンテナに関して全くの無知です。
ケーブルの太さやアンテナの長さや作り方も全くわかりません。
ハンダや溶接、2~10mmの配線の加工等は道具もありますので出来ます。

よろしくお願いします。

アンテナ,同軸ケーブル,レシーバー,RT-570S,コネクタ,ケーブル,BNCコネクター

閲覧数:
9,160
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

JH4ABZ/6さん

編集あり2010/7/920:48:54

アンテナの自作、是非お薦めします。
まずは1つ作ってみると、感覚がつかめて、応用も出来るようになってきます。
でも、最初はお金のかからないアンテナで始めるのがいいと思います。
条件が、”車で聞く”ということで、スリーブアンテナなんてのはいかがですか?
まず、準備するのは、BNCコネクタ。受信用ですから、安いのでいいです。
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-00095/
ケーブルは、3Dケーブルか、RG58あたりが使いやすいと思います。車の中なので、そこまで長くは必要ないと思います。
まず、添付写真の説明から。
これは、同軸ケーブルを加工して、エレメントにしてしまうものです。

作り方
1.まず、同軸ケーブルの外の線だけ綺麗にはがし、中の網線を出します。
2.その網線を同軸に沿って、折り返します。
そうすると、図のような感じになります。
アンテナは、これで完成です。
さて、その長さですが、72÷目的周波数 たとえば、148MHzなら、72/148=0.486メートル(約48センチ。)
この場合、外皮をむくのは、先端から、55センチぐらいのところでむいて、網線を折り返し、その長さを48センチに合わせて、カット。テープで留めます。芯線側も、同じ長さ48センチでカットします。(先端を輪にして、留め金を付けると取り付けが楽です。)
網線は、同軸の外を折り返すので、どうしても短くなってしまいますので、少し長めにしないと足らなくなります。
芯の方は、そのままで、長い分だけカットすればOKです。
後は、必要な同軸の長さ(車の中の引きまわし分)を決めて、反対側にコネクタを付けてください。
以上で出来上がり。144M用を作れば、その3倍の周波数の430もおおむね合いますので、144用を作るといいでしょう。

使い方
このアンテナを、車のガラスの内側にテープでとめる
室内なら、壁に押しピンでとめる
など。

属性
このアンテナ、1/4λのホイップとおなじようなもので、ゲインなどは有りません。
私は、航空無線を聞くために使っていますが、付属のホイップでは全く聞こえないものも聞こえてきます。
やっぱり、アンテナは外部に置いた方が断然いいですからね。

今や自作は、商品を買うよりも高くなったりします。メーカー製の高級なものを買うとそれなりによく聞こえますが、それは”あたりまえ”
の話です。
あくまで趣味でやってるのですから、ちまちま作って、聞こえると今まで普通に聞こえていたものも、なにか、思い入れのある音で聞こえてくるから不思議です。

その他のアンテナ
強度が無くて、車では使えませんが、下記のような移動用アンテナも比較的簡単にできますよ。
http://60.43.132.41/manual/misc/datasheets/ant/AWXANT2.html
これは、送信することを前提で作られています。

このカテで、アンテナというと、やたら厳密な話を書くかたが多いですが、受信用に計測器を使って厳密に調整したところで、さほどの感度差も有りません。慣れてきたら、実際にやってみてください。送信ならまだしも、受信なら気にするほどでも有りません。
上記計算式も、短縮率も加味した、概算計算式です。気にせず作ってみて、感じていただければと思います。
なお、このアンテナは、自動車走行中の強度などを考える必要もなく(もともとただの同軸ケーブルですから)安易に、車のフロントか、リアのガラスに張り付けるだけでいいですから、手軽です。
スリーブアンテナで、検索かけると、作り方を何人様か、Web公開していますね。
RGケーブルが手に入らないときは、テレビ用の3Cケーブル(75Ω)でも大丈夫です。なお、同軸ケーブルの大きさは、大きい方がロスが少ないというのは間違いではないのですが、5メータ程度の長さの場合、それが受信感度に影響することはほとんど有りません。
自宅用で、20mぐらい引きまわしたい場合でも、RG58Uなら問題ないレベルです。あくまで、受信”のみ”ですから。

アンテナの自作、休日の1日で完成するぐらいの物が面白いですね。ぜひ自作をお薦めいたします。

アンテナの自作、是非お薦めします。
まずは1つ作ってみると、感覚がつかめて、応用も出来るようになってきます。...

質問した人からのコメント

2010/7/13 07:34:31

わかりやすい解答ありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

cb2********さん

2010/7/1014:02:35

私が持っていたマルハマの受信機も、同じように抜けました。
ただ、アンテナの自作に慣れていない方が、いきなりモービルアンテナを自作するのは止した方が良いと思います。
性能も勿論ですが、強度も考えなければいけません。走行中に破損した場合、迷惑なのは自分だけで無く、付近を走行中の他車が危険です。エレメントが飛んでいってフロントガラスが割れたり、パンクさせてしまう事だって考えられます。

とりあえず、今はこれを購入なさる事をお薦めします。安いですし、性能もソコソコ良いです。(付属品とは雲泥の差が有ります)
秋月電子通商 144/430モービルハムアンテナ 1650円
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-00229

私が持っていたマルハマの受信機も、同じように抜けました。...

non********さん

2010/7/913:10:51

自作するとして一番難しいのは「基台」の部分かと思います。
簡単には脱落などしないで安全に使用できるものができますか?
アンテナを自作するアマチュア無線家は少なからずいますが、基台の部分はメーカー製のものを使っている場合が多いです。

あと、同軸ケーブルとBNCコネクターはメーカー製のものを使わざるを得ないと思います(ホームセンタでは50Ωのものは売っていないでしょう)

アンテナは厳密に考えると高度な測定器が必要です。特に2バンド以上の共用は難しいです。
しかし受信だけならそう難しく考えなくても大丈夫です。
144MHz付近と430MHz付近なら長さ50cmのアンテナにしておけば、144MHz付近は1/4λアンテナ、430MHz付近では5/8λアンテナとして働くでしょう。
私はM型コネクターのオスに真鍮の棒を取り付けて作ったことがあります。
3D-2V用M型コネクターのオスに同軸ケーブルの変わりに50cmに切った太さ2^3mmくらい(M型コネクターの先端のピンの中に入るもの)の真鍮の棒を取り付けます。
M型コネクターの先端部分は普通に同軸の芯線を半田付けするのと同じに半田付けします。
後部は隙間ができますのでエポキシ系接着剤などを流し込みます。
これだと、BNCコネクター(受信機側)、同軸ケーブル、基台、M型コネクター まで市販品で、自作は真鍮棒のエレメントだけということになってしまいますが orz

>ケーブルの太さやアンテナの長さや作り方も全くわかりません。

太さは、一般的には太いほど帯域(良好に使える周波数の範囲)が広いとされています。
長さは同調のさせかたによって色々です。1/4λ型、1/2λ型、5/8λ型、1/2λ2段型、5/8λ2段型などなど

2010/7/823:25:07

●お気持ちは分かりますが
純正アンテナを使い倒して
性能の良い社外アンテナに思いをはせない人が
突然アンテナの自作…といっても無理なことと言えるでしょう。
もちろん挑戦することは大事ですし大切なことです。
成功する可能性もありますが
初心者はまず確実に失敗することになっています。
アンテナをなめるな!!!! というのが先輩からの助言です。

出来合いのアンテナと基台と同軸ケーブルがセットになった
2000-4000円くらいのモービルアンテナセットを買うことをお勧めします。

確実に動作するアンテナを買っておき
それとは別に同軸ケーブルやコネクタ、基台などを
別途購入して自作アンテナをじっくり勉強しましょう。

なおホームセンターでは
受信用のアンテナ部品はひとつも置いてありませんからご注意ください、
通信販売をしている、秋月や千石電商などのパーツ屋を利用しましょう。

タクシーやパトカーのように
自動車の屋根の真ん中に立てる以外
アンテナの理想的な場所はありませんからご注意ください。
タクシーの一部にはルーフガター(雨樋)に基台をつけているのがありますが
日本アンテナ社製の純正基台です。店では売っていません。

アマチュア無線用の同軸ケーブル後付けのマグネット基台と
L型基台用コネクタのM型を用意します
同軸ケーブルは両端にMコネクタのついた出来合いのものを買って
片方先端を切ってアンテナ基台用コネクタにハンダ付けしてください。
他方はM-BNC変換コネクタを使って受信機につなぎます

アンテナは1/4波長か5/8のノンラジアルホイップを通販で買いましょう。
アンテナだけは測定器も無しで自作は不可能ですからね。

無線を甘く見ていると良い結果は得られません
物理の法則は素人に高性能なアンテナという奇跡は与えません。

まずは市販品を買って使いながら自作に挑戦していきましょう。
健闘を祈ります。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる