ここから本文です

「貴様」という言葉は なぜ罵るときに使われるようになったのですか。

アバター

ID非公開さん

2005/5/1223:35:16

「貴様」という言葉は
なぜ罵るときに使われるようになったのですか。

閲覧数:
2,307
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2005/5/1302:03:29

昭和初期(戦時中)ぐらいまでは、尊敬という程ではないにしても、
悪い意味は全くなく、親しみと敬意をこめて使われていました。

軍隊で、自分より目上の上官に対しては階級名で、下の相手は姓で呼ぶので、
結果的に、自分と同等の人に対して「貴様」と言っていました。
それが喧嘩口調で使われるようになったのは、上官が部下に対して腹を立てた時に、厭味を込めて「貴様」と使ったのが始まりのようです。
「偉そうに…俺と同等のつもりか」で、「貴様」ということですね。

ですから、なんにせよ「罵る」というのは少しニュアンスが違いますね。

現在76歳の父は同級生には「おまえ」と同じ感覚で「貴様」と呼びかけます。
私も最近この由来が気になって、ここで質問したら、何度目かで納得できる回答をもらえました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

アバター

ID非公開さん

2005/5/1308:42:47

この質問、知恵袋に頻出です。
いちばん納得できたのは、軍隊用語の転用(わざと悪い意味に)ではないかという説です。
http://ksearch.yahoo.co.jp/search/searchresultlist.php?str=%B5%AE%C...

アバター

ID非公開さん

2005/5/1300:20:24

【第二人称】は、
金田一春彦氏の『日本語・下』によれば・・・

>第二人称代名詞が使いにくいのは、日本語の場合、第一に相手を指す代名詞が
どんどん格が下がってくることによるが、それ以外に、日本人の頭の中には、
西欧人とちがい、代名詞という単語で相手をさすのは失礼に当たるという考えがあるようだ。

・・・とあります。
日本人は、第二人称を嫌う(憚る)人種なのです。

例:貴様・貴公・貴殿・貴君、お前・手前(お手前)、御身、汝、そなた、主(お主)、貴方・貴女、方様…

アバター

ID非公開さん

編集あり2005/5/1300:15:00

『貴様』と言う言葉に相手を罵る意味は全くありません。そういう意味で使う人はただの誤用です。

現代ではあまり使われませんが、歌詞にもあります。

『貴様とオ~レ~とお~は♪、同期の桜…‥・・』

アバター

ID非公開さん

2005/5/1223:44:00

昔のひとが愛と憎しみを混ぜて言ったような感じがします

アバター

ID非公開さん

2005/5/1223:43:38

江戸時代の前半までは目上の相手に対する敬称でしたが後半から同輩または同輩以下に対して男子が用いる二人称となり、また相手をののしって使う語になりました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる