ここから本文です

海外の小説の日本語訳についての質問です。

ves********さん

2010/7/1515:21:05

海外の小説の日本語訳についての質問です。

The CORAL ISLANDという本の訳を教えてほしいです。
一応自分でもやったのですが、自信がなかったので、ぜひお願いします。

Now, as we hastened along the white beach, which shone so brightly
in the rays of the setting sun that our eyes were quite dazzled by
its glare, it suddenly came into Peterkin's head that we had
nothing to eat except the wild berries which grew in profusion at
our feet.

"What shall we do, Jack?" said he, with a rueful look; "perhaps
they may be poisonous!"

"No fear," replied Jack, confidently; "I have observed that a few
of them are not unlike some of the berries that grow wild on our
own native hills. Besides, I saw one or two strange birds eating
them just a few minutes ago, and what won't kill the birds won't
kill us. But look up there, Peterkin," continued Jack, pointing to
the branched head of a cocoa-nut palm. "There are nuts for us in
all stages."

"So there are!" cried Peterkin, who being of a very unobservant
nature had been too much taken up with other things to notice
anything so high above his head as the fruit of a palm tree. But,
whatever faults my young comrade had, he could not be blamed for
want of activity or animal spirits. Indeed, the nuts had scarcely
been pointed out to him when he bounded up the tall stem of the
tree like a squirrel, and, in a few minutes, returned with three
nuts, each as large as a man's fist.

"You had better keep them till we return," raid Jack. "Let us
finish our work before eating."

"So be it, captain, go ahead," cried Peterkin, thrusting the nuts
into his trousers pocket. "In fact I don't want to eat just now,
but I would give a good deal for a drink. Oh that I could find a
spring! but I don't see the smallest sign of one hereabouts. I
say, Jack, how does it happen that you seem to be up to everything?
You have told us the names of half-a-dozen trees already, and yet
you say that you were never in the South Seas before."

閲覧数:
553
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sop********さん

2010/7/1611:33:29

夕日で目がくらむほど輝く砂浜を急いでいるとき、突然、足元にたくさん生えているベリー以外に食べ物がない、とピーターキンの頭に浮かんだ。
「ジャック、どうしよう」と浮かない顔で言った。「もし毒があったら」
「大丈夫だ」とジャックは自信を持って言った。「いくらか、故郷でも見たことあるような種類もある。あと、さっき見知らぬ鳥がついばんでるのも見た。鳥が食べても大丈夫なのは人も大丈夫だろう。でもピーターキン、あれを見てみろ」とジャックはココナッツの枝を指差して言った。「ココナッツもどこでもある。」

「本当だ!」とピーターキンは叫んだ。彼は元々不注意で、木になっている果実のように頭上にあるものには気づかない性格だった。しかし、この若い仲間がどんな過ちを犯そうとも、行動力や元気がない、と責められる事はない。実際、ココナッツのことを指摘したら、リスのように幹に跳びつき、数分後にはこぶし大のココナッツを3つも取って降りてきたのだ。

「それは帰りまで取っておいた方がいいな。」とジャックは言った。「食べる前に仕事を済ましてしまおう。」

「了解です、キャプテン。やりましょう。」ピーターキンはナッツをズボンのポケットに押し込んで叫んだ。「実際、今何か食べたいわけではなくて、でものどがかわいてるんですよ。ああ、泉があれば!でもここにはありそうもないな。ジャック、どうして何でも知っているように見えるの?もう6種類も木の名前を教えてくれたのに、南太平洋には初めてだなんて。」

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる