ここから本文です

占有の訴えに対して本権を理由に対抗してはならない理由は何ですか?

nak********さん

2010/7/1600:24:17

占有の訴えに対して本権を理由に対抗してはならない理由は何ですか?

閲覧数:
101
回答数:
2
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mah********さん

2010/7/1600:31:31

現に占有しているから。

これじゃ循環論法か?

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

fh0********さん

2010/7/1601:15:00

占有権というのはもともと自力救済の禁止がその趣旨でした。
甲という動産をAが所有していてBが占有していたとしとします。
そしてAが甲を奪った後(これがいわゆる「自力救済」です)Bが占有の訴えを起こしました。
この場合に本権を理由に対抗することを許してAを勝たせてしまってはAの自力救済を正当なものとして認めることとなってしまいます。
そこで民法は本権を理由に対抗することを禁止したのです。
ただし、判例は抗弁として本権を主張するのは許されないが反訴ならOKとしたのでこの条文自体現在はあまり意義がないものとなっています

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる