ここから本文です

集団ストーカーの「ほのめかし」とは 対象者に、偶然を装い「お前を監視してい...

gom********さん

2010/7/1620:37:03

集団ストーカーの「ほのめかし」とは

対象者に、偶然を装い「お前を監視している」ということを暗に示して伝える。

対象者が体験した出来事、部屋の中でしか話していないはずの会話、個人的なメールの文章、ネットで見たサイトのこと等を、その事を知っているはずのない他人から聞かせる。

盗聴、盗撮、傍受、聞き込み、尾行などあらゆる手段によって情報を得ていると思われる。(思考盗聴も?)

対象者にとって印象的な言葉を使うなど、対象者だけに伝わるようにしている。
他の人には特に何も感じられない。

証拠を取りづらく、第三者に相談しにくいので犯行を隠蔽しやすい。

「誰とは言わないが」といった感じで、対象者の事を連想させる風説を流す。
もしくは、自分のことが噂されていると対象者に感じさせる。

対象者を疑心暗鬼にさせる。

普通なら何の意味もない行動やジェスチャーなどを、あからさまにやることで対象者の気を引く。
(咳をする、遠くから大声で笑う、対象者にとって印象的な身なりをするなど)

証拠を残さず恐喝 脅しをすることができ、また、パニックになった対象者をウソの情報で煽動することもできる。


というものですか?
間違っていたり足りなかったり、おかしい箇所はないでしょうか?

閲覧数:
7,824
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

td_********さん

2010/7/1623:54:08

俺もそれと同じことをされています。
さらには身体に痛みを与えられたり加害者は最悪です

質問した人からのコメント

2010/7/21 19:37:11

みなさんありがとうございました。

回答していただいてこんなことを言うのも悪いと思うんですが、
なんというか、どの回答も私の質問から話をそらそうとしているような感じがするのですが気のせいでしょうか。

一番早かったのでこの方をベストアンサーに選びます。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tok********さん

編集あり2010/7/2114:53:13

集団ストーカーの集団の意味は、同一人物が連続して「監視」、「尾行」、「仄めかし」といういやがらせ行為を実施しないというこです。同一人物でなければ警察が立件できないことを前提に実施しているのが集団ストーカーです。当然、恋愛のストーカー、興信所の調査、ヤクザ、右翼なども嫌がらせ行為をするのですが、少なくともその実行犯は同一人物なので、すぐに警察に逮捕されるのです。とにかく、集団ストーカーのたちが悪いところは、絶対に証拠を残さない、警察にざたにならない、だから訴えた奴が精神病として葬りされられるのです。
疑うなら、一度、「ストーカーで困っています。」と警察に電話してみればすぐに分かります。先ず最初に聞かれるのが、いつも同じ人ですかという質問です。
嫌がらせ行為については、脱退した信者から聞きましたが、信者の携帯にいやがらせの依頼のメールが届くと、仕事を休んででも、嫌がらせを実行しないと、反対に自分がいやがらせをされると言っていました。信者の多くは、町の病院、市役所、スーパー等いろいろなところに存在しているので、携帯で連絡をとるだけで、尾行、監視、仄めかしは成立するのです。このカルト教団は、派遣会社も経営しているので、企業、企業、官庁などいろいろなところで、いやがらせを実行できるのです。嫌がらせで、体を壊して、入院して担当看護士が、カルトだったら最悪ですね。自殺したくなっちゃいますね。
当然、この手法は自分たちが散々国からやられた事例をまとめて、その手法を真似たにすぎません。
結局、オウムにしても、彼らの理想の宗教をつくろうとしているのですが、それが国の秩序を乱すということで妨害、監視され、それに反発して、エスカレートした結果が、サリンですよ。結局、国の秩序を乱すところに踏み込めば、潰されるというこです。でも、国の秩序が気に食わないからカルトなんですよね。だから、絶対、潰れるというこです。流石に公安もあの程度の量のサリンで、まさか実行するとは夢にも思わなかったんじゃないですか。あの程度が目的なら、単なる自爆テロですよ。それに、愚かな自殺行為でしょう。実行すれば、自分たちが死刑になることは目に見えていたはずですからね。リスクを考えると常人では絶対、実施しないでしょう。
いくら有名人でも、シャブ漬け女をあてがうということは、エイズで葬りさるのが目的なのはいまどき、学生でも知っている。下半身がだらしない奴は、必ず失敗するということです。逆に、それで一生奴隷としてこき使われるかのどちらかでしょう。それぐらい、学生でも知っていますよね。ヤクザはそんなに甘くない。

mar********さん

編集あり2010/7/2105:23:18

カルトと呼ばれる信者の中にも被害者はいる。それは被害者が日本人だから。全ての国内カルトは二枚岩です。在日及び帰化信者と日本人信者の間には深い川があります。幹部になれるのも日本人ではない。集団ストーカー、テクノロジー犯罪の加害者は、日本では北系を除く在日が起源です。そして公安が懸念を持つ活動をするならば監視されるのは文明国として当たり前です。監視されるからカルトで対抗?暴力団より宗教法人の方が武器になるからでしょ?

ric********さん

2010/7/2000:52:56

日本は警察国家、すなわち監視社会ですから、それに対抗してカルト宗教等は逆に監視することで、日々激しく抵抗しています。その結果、カルト宗教の信者でもない、一般の人々が最大の弱者となり、最大の犠牲者になっているのです。集団ストーカーとは、国やカルトが実施している監視行為を漠然と集団ストーカーと呼んでいるだけです。そして集団ストーカーの最終目的は、ターゲットを精神病に陥れて、組織から抹殺することです。簡単に言ってしまえば、精神病というのは社会のルール(社会、会社、学校等)のルールに適応できないと人という意味ですから、組織に不都合な人は、仲間の医者の独断で勝手につけられる精神病という病名をつけて組織から排除するというのが一般的です。国は不都合な国民を排除しようとし、排除されようとされた人々はカルトを結成し対抗しています。そのなかで、カルト信者でない人間は、国に狙われても、カルトに狙われても対抗手段はないので、漠然とした恐怖から、集団ストーカーという犯罪集団を想定するわけです。
国の場合、公務員全員が集団ストーカーの実行者であることはもちろんですが、当然その中にカルトもいます。そこからカルトに情報が漏洩して、カルトは的確な国の動きを把握するわけです。カルトの場合は全国の信者が実行犯です。国の場合は、国家機密漏洩、企業秘密漏洩、革命行為、反社会的な行為の可能性のある人間すべてが対象です。カルトの場合は、カルトを差別する人物、カルトの経営する会社に反逆的なな人物等、その他、当然ですがカルトの信者の統制をとるために、集団ストーカーを利用しているのです。まさに、カルト=小さい日本。
悲しいことに、子供のいじめにも、この集団ストーカーは暗い影を落としています。例えば、カルトに差別的な親の子供が、学校でカルトの子供の集団にいじめられたり、その逆だったりする訳です。学校の「いじめ」は単なるこども特有のなものではなく、大人の入知恵が殆どなのです。ですから、いじめで子供が自殺するということは、非常に深刻な社会問題な訳です。
殆どの住人がカルト信者という街だってあります、そういう街ではカルト以外は監視されているのは当然でしょう?
最大の被害者は、一般人で立場の弱い、カルト信者以外の人々です。例えば、リストラで会社がいじめを開始すれば、会社のいじめにカルトは結束して対抗して、カルト以外をいじめて辞めさせて、カルトが生き残りを計ります。彼らは決して、自分でカルトと名乗ることはありません。カルトの不利益になることは、カルトの弁護士が事前にお経の集会で教えているのです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる