ここから本文です

ナルトの話が分かりません…! 48巻 ペインとナルトの話がイマイチ分かりま...

s09********さん

2010/7/1811:29:13

ナルトの話が分かりません…!

48巻
ペインとナルトの話がイマイチ分かりません…
何度も読み返ししてますが、やっぱダメです…


P98ページ
長門が「そんな…これは偶然か…?」

ってなにがどう偶然何ですか?


後、予言の子ナルトと長門二人ともなのですか?

閲覧数:
570
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

no_********さん

2010/7/1816:56:41

ナルトが昔の長門と全く同じセリフを言ったこと、師である自来也の小説を介して兄弟弟子二人が時を超えて同じ思想で繋がっていたこと、それが「これは偶然なのか?」だと思います。まるでナルトと出会う事が昔から決まっていたかのような「何か」を長門が感じ取った瞬間のセリフでしょう。

予言の子の意味は様々に捉えられますが、長門は破滅をもたらす変革者、ナルトは平和をもたらす変革者…自来也の本の導きによって双方が交わり、忍世界の変革への道筋が生まれたという事だと自分は思いました。長門一人でもナルト一人でも駄目で、「長門と出会い、痛みを受け取ったナルト」こそが予言の子として成立したのだと思われます。

質問した人からのコメント

2010/7/24 21:42:28

感謝 なるほどっ!

ありがとうございます
感謝するってばね!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

pag********さん

2010/7/1811:30:38

ペインが予言の子供です

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる