ここから本文です

夫25歳、妻25歳(無職)、子ども1歳、0歳 保険診断よろしくお願いします。 第...

kai********さん

2010/7/2100:41:06

夫25歳、妻25歳(無職)、子ども1歳、0歳

保険診断よろしくお願いします。

第一生命
順風人生
(5年ごと配当付終身保険)
★夫
25歳契約…約15000
40歳更新…約27000
55歳更新…約63000

年金払定期保険特約
…120万×10年
特定疾病保障定期保険特約…200万
障害保障特約
…100万
特定状態収入保障特約
(死亡給付金)…100万
定期保険特約
…1300万
終身保険…100万

総額…3000万

入院(ケガ、病気)
…日額10000
(所定の生活習慣病)
…日額20000
一日以上の入院
…一時金30000

その他諸々…

★妻
25歳契約…約10000
40歳更新…約16000
55歳更新…約30000

特定疾病保障定期保険特約…200万
障害保障特約
…100万
特定状態収入保障特約
(死亡給付金)…100万
定期保険特約
…500万
終身保険…100万

総額…1000万

入院(ケガ、病気)
…日額10000
(所定の生活習慣病)
…日額20000
(女性に多い所定の病気)
…10000
一日以上の入院
…一時金30000

その他諸々…

更新時に不要なものを取り払って行けば、保険額は馬鹿高くはならないと説明されました

母が昔からお世話になっている担当者のお勧めのプランだそうです。

詳しい方からみても、妥当な保険でしょうか

閲覧数:
523
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hok********さん

2010/7/2112:26:01

更新時に不要なものを取り払って、最後は無保険。しかも貯蓄部分を更新時に保険料を安くするために崩すために、最後の満期にほぼ返戻金は無い。
といったプランだと思います。
漢字系生命保険会社の典型的な保険です。

現在保険加入の方で非常に多くの方が同じタイプの保険に入っていることと思います。
一般論を申し上げれば、雑誌や本などで
「見直した方がいい保険ですよ!」
と言われている保険です

せっかく疑問に思ったのです。この機会に保険の見直しとともに、自分の加入している保険の説明ができる程度の知識を付けてみてはいかがでしょうか?

総合代理店を何店舗か回って、プランを作ってもらうとともに説明を受けてみてください。
そのうえで疑問に思ったことや不安なことがありましたら、ぜひご質問ください。
目に留まる限り回答させていただきます。
込み入った説明が必要ならメールで対応いたします。

質問した人からのコメント

2010/7/27 12:20:31

感謝 ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kam********さん

2010/7/2115:30:48

そもそも、契約者ご自身が内容を理解していますか?
内容が分からないものに多額のお金を払ってはいけません。まずは保障をきちんと理解すること。その保障はいつまで続くのか分かりますか?


>更新時に不要なものを取り払って行けば、保険額は馬鹿高くはならないと説明されました

不要なものとは?
ということは、今は不要なものはついていないということ?
たとえば若いあなた方に、生活習慣病の保障は必要ですか?
更新時、歳を取ったときには不要になるということ?


保障の考え方として、いくらもらえるということ以上に、いつまで保障が続くのかというのは非常に重要になります。

たとえば死亡の保障は子どもが成長して自立するまでが最も大きな保障が必要な時期。そのあと、ご夫婦が老齢年金をもらえるようになるまで。一方病気の保障は、若いときもあったら助かりますが、本当に必要なのは高齢になったとき。歳をとれば病気のリスクも高くなるし、入院も長引きます。

死亡保障と医療保障は、「どういうときにお金が受け取れるか」が違うし、必要な保障期間も違う。そもそも受け取る人だって違います。(死亡保障は遺族、医療保障は本人) つまり、人にかける保険ということを除けば、全く違う保険なのです。
それを一緒にしているから無理があるんです。死亡保障が不要になる老齢期に医療保障までなくなってしまって、「どうすればいいですか?」という質問がYahoo!知恵袋にたくさん出てきます。

個別の商品については言及しませんが、とにかく保険選びのコツは死亡保障と医療保障を別々にわけて契約すること。
その上で、特に死亡保障はいつまでいくらの保障が必要なのか、コンサルティングしてもらいましょう。

mo1********さん

編集あり2010/7/2113:25:29

あくまでも私の個人的な見解ではありますが、気になったところは

・入院日額をそれぞれ10000円をとっているせいか、25歳の方が掛ける保険にしては少々割高

・現在無職の奥様に1000万円もの死亡保障は必要か

・契約から15年で更新がくる。→更新時のお子様のご年齢は16歳、15歳でもう少し教育費が掛かるであろう時期に保険料を上げない為に「保障額を減らす」という選択肢になってしまう

私が保険外交員であれば、

・今は健康保険なんかでも高額療養費制度というものがあるので、
入院日額5000円(生活習慣病10000円、女性疾病10000円)
ただ5000円じゃ心もとないというのであれば入院日額7000円(生活習慣病、女性疾病12000円~14000円)
或いは入院日額10000円(生活習慣病15000円、女性疾病10000円)

・奥様の死亡保障は多くても500万まで

・保険期間は最低でも20年。→20年更新ですとお子様が21歳、20歳と成人されているので、ある程度保障額を減らしてもさしさわりはないであろうと思います。

>更新時に不要なものを取り払っていけば、
今現在不要なものに対してお金を払う必要は全くないわけで、何で更新時まで不要なものにお金を払っていかなければならないのか、全く意味がわかりません。
>担当者のお勧めのプラン
ということは、担当者の独断で作成したプランです。

25歳・男性で3000万の死亡保障と25歳・女性であれば、たとえ保険期間を長くしたとしても(最低20年以上)もう少し保険料を抑えることは可能だと思います。
第一生命だけでなく他の保険会社や保険代理店の方にも見てもらったほうがいいかもしれません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる